ブログトップ

Atelier in the Green

poco2008.exblog.jp

気ままに綴るあれこれ日記

カテゴリ:家族( 14 )

b0141044_19371682.jpg

b0141044_19371723.jpg

手作りがお得意の友人から うちの孫に お手製のパンツが届きました。

ポケットのアクセントボタンが、可愛い!

最近、お砂場デビューして お着替えがたくさん必要になったそうで
お嫁ちゃんが大喜びでした。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2016-10-13 19:37 | 家族 | Comments(0)
b0141044_9322666.jpg

明けましておめでとうございます!

お天気に恵まれたお正月でした。
箱根駅伝は、予想通り青学の圧勝でしたね。
来年の箱根駅伝が、また楽しみです。

家族がみんな揃って、
食べて飲んでの暴飲暴食一家となりました。

休暇最後の夜は、

みんな、それぞれに体重計に乗って、
顔面蒼白のままお開きとなりました〜
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2016-01-04 09:32 | 家族 | Comments(0)
b0141044_227622.jpg

長男の家で、
孫のお食い初めのお祝いをしました。


お宮参りで頂いてきた可愛い器で、初めてのお膳です。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2015-11-22 22:07 | 家族 | Comments(0)
b0141044_2043538.jpg

先日、息子夫婦に男の子の赤ちゃんが産まれました。
小さい手ですが、とてもとても可愛い手です。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2015-08-06 20:43 | 家族 | Comments(0)
b0141044_21334054.jpg

明日は、次男の成人式です。

お着物の楽しみもない男の子の成人式ですが、
記念の写真を撮りました。

3年前の長男のときは、後日、部活の先輩たちに
「うちの大学の男で、成人式の写真を撮ったなんて話、今まで聞いた事ないぞ!」と、からかわれたそうで、
同級生も、誰も撮らなかったそうです。




次男も、面倒臭い! 男で撮る奴なんかいない!と、抵抗しましたが、
これからは、撮る機会もなくなると思うので、
無理やり撮りました(^_^;)

成人、おめでとう♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-08 21:33 | 家族 | Comments(0)
b0141044_8184188.jpg

1910年代の写真です。右奥が牧野富太郎先生、右手前が若かりし頃の夫の祖父です。
当時、発足したばかりの「横浜植物会」のメンバーです。
小田原の地球博物館の企画展「横浜植物会の100年」の写真ですが、
こんな古い写真も保存されていたなんて・・・・とビックリしました。

当時の祖父は、ジャパンタイムズ横浜支局で働きながら
休みを利用しては、山野を歩きまわり
植物採集に夢中になっていたのでしょう。
そして、自分の生きる道を見つけ、仕事をやめてしまいます。

収入の途絶えた夫と、子供のいる一家を支えたのは
独身の頃(明治の末期頃)から、
横浜のフェリス女学校で英語教師をしていた妻(祖母)だったようです。
夫を支える妻・・のイメージは、「良妻」ですが
祖母は、実際は非常に勝ち気で、強い女性だったようで、
夫の言葉を借りると、「良妻賢母」のまったく反対側にいた女性だそうです。
ですから、夫婦共に90歳を越えても、夫婦喧嘩は絶えなかったとか・・・(^^ゞ
自分の道を突き進む頑固一徹な夫と、
自分は時代の最先端を走っている!と自負しているプライドの高い妻・・・
お互い譲れないものがあったのでしょう。

でも、互いに天寿全うの人生を賑やかに連れ添い、
祖父が亡くなった翌年、祖母も後を追うように亡くなります。
長寿の夫婦です~



b0141044_819370.jpg

祖父が採集した古~~~い植物の標本も何点か展示されていました。
学芸員の方のお話では、首都大学と東大に
祖父の標本が、まとまって保管されているようです。
また、機会があれば一度見てみたいものです。


晩年の写真・・・
b0141044_8192371.jpg

展示されている祖父の貴重な資料や写真を見ながら
「好きな道を全うした幸せな人生だよな・・・・」との夫の感想でした♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2011-02-01 09:31 | 家族 | Comments(0)
夫の祖父は1884年に生まれ、1981年に没していますので、
残念ながら白寿には一歩届きませんでしたが、この年代の男性としては、長寿です♪

面白い人生を歩んだ人のようですが、さかのぼる過去が古すぎて
夫にも祖父の詳しい人生はよくわからないようです。(20年以上も同居していたのに(^^ゞ)

祖父は、若いころはジャパンタイムズで働いていましたが
植物の研究のため、妻子がいるのに通信社を辞めてしまい
学究の道に進んでしまいます。その後は、終生植物とともに人生を歩みます。


小田原にある神奈川県立「生命の星地球博物館」で、開催されている
「日本最初の植物同好会~横浜植物会の100年~」という企画展に(2月27日まで)
祖父の資料も展示されているようなので、時間があれば行ってみようと思います。


大寒の入りの今日・・・・日差しは明るいですが、横浜の風は冷たいです。
ジンジャーティーのお伴は、デメルの猫の舌♪
b0141044_10592992.jpg

子猫のように優しいミルクチョコです
b0141044_10594922.jpg

お箱もこんなにかわいいので、バレンタインにも喜ばれそうです~♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2011-01-20 11:13 | 家族 | Comments(0)
子供たちはそれぞれの予定で忙しく、家族そろったのは元旦だけ(^^ゞ

4日の朝
夫は仕事に・・・
長男は高校の部活の練習に・・・
次男は冬期講習に・・・

出かけて行きました♪

今朝、長男が高校へ出かけるところをパチリ♪
b0141044_1117595.jpg

幼稚園では、前から三番目のおチビでしたが、体だけは立派になりました。
どうみても駅伝タイプではありません(^^ゞ

今年もそれぞれの目標に向かって努力あるのみ。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2010-01-04 10:11 | 家族 | Comments(0)
南米から夫が帰国しました。
仕事で30数年間、世界中を飛びまわる海外出張をこなしてきた夫ですが、
南米の旅はやっぱり疲れた~・・・との感想です。
時差も移動時間も大変です。

普段は海外でも時間に追われるスケジュールで、
お土産など滅多に買ってこない夫ですが
今回は、買い物フリークの同行マダム達に触発されたらしく
ペルーでいろいろお土産を買ってきました。


一番の目玉は・・・・
この子♪
b0141044_21512140.jpg

アンデスの高地5千メーターあたりに棲むラクダ科のビクーニャです。
インカ帝国の時代から貴族に愛されてきたビクーニャの毛織物は
「神の糸」とも「繊維の宝石」とも言われる貴重なものでした。

乱獲のため一時期、ビクーニャは絶滅の危機に瀕しましたが、
今は、ペルー政府の厳重な保護管理下のもとで
少しずつ個体数を増やしてきてはいます。
でもまだまだ希少な動物です。
日本ではほとんど入手困難なので、現地では人気のようです。


b0141044_21513498.jpg

人気といっても、現地でも高級織物なので、
マフラーですら、木箱に収められています。
コートや毛布なんて・・・・大変です(笑)


b0141044_21515325.jpg

美しい光沢と艶、風合いはやはり・・・・・素晴らしい♪




マフラー屋さんでもはじめられるくらい なんだかいろいろのお土産。
b0141044_2221640.jpg




ペルーのお勧めはマチュピチュが一番だそうです。
クスコから電車に乗り、バスに揺られ、山道を歩いたりと
大変な行程だったようですが
なかなか行けない場所ですから
たどり着いた!という実感は忘れられないでしょう。


本当はナスカにも行くはずだったのですが、
あまりにもリマから遠く(山岳地帯をバスで8時間)
日程もさらに長くなるので、高齢の方々が多かった事もあり
直前に中止になりました。


マダムは皆さんお元気で、全行程をこなしたそうですが
ムッシューの中には、体調不良を訴えた方もいらしたそうで
やはり体力的にも厳しい旅行だったようです。


圧巻はやはりブラジルのイグアスの滝。
今は乾季の時期ですが、ちょうど大雨が降った直後で
ブラジル側もアルゼンチン側も最高の眺めだったそうです。

イグアスは、世界三大瀑布の一つですが、
その圧倒的な迫力から
ヴィクトリアを見て、ナイアガラを見て、
最後にイグアスを見るのが一番良いとの結論です。

夫は・・・・
「一度、イグアスには行ったほうが良いよ♪
一年でも若いうちにね、体力がいるから・・・」って。
貴重なアドバイスだけど、いつ行けるかしら~。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-10-23 00:24 | 家族 | Comments(2)
南米行脚中の夫からメールが・・・・(^_^;)不吉な予感・・・・
開けてみれば、「リマ(ペルー)に入りました!」と、いたってのどかな雰囲気♪
やれやれ一安心です。
「御一行様の様子はいかが?」と返信後のお返事には
「今まで(ブラジル滞在中)は皆さん元気だったけど、
これから3000メートル越えでちょっと心配!」との返信・・・。
一行は、リマから空路クスコに移動、高地で体をならしてから
インカ帝国謎の空中都市マチュピチュへ向かいます。

最近、ペルーではバス事故が続いているようです。
今回は、地元でも信用のおける車をチャーターしているので
まずは大丈夫だとは思いますが・・・いろいろ心配は尽きません。


大変そうな夫とはうってかわって
留守宅はのんびりモードで平和です。
週明けの前の日は、いつも子供のお弁当の下ごしらえです。

お弁当作りは、長男が年少さんに入園して以来
小学生時代の受験塾の夕食のお弁当作りも含めると
18年目になります。

質より量を求められる男子高校生のお弁当・・・
少しくらい見栄えが悪くても、美味しければ男の子は文句も言わないので
気が楽です♪



b0141044_23421660.jpg

子どもたちのお弁当には必ず入れてきた人参のグラッセ。
バターは控え目なので照りがなく見た目は悪いですが、
冷めても美味しい我が家の定番です。
一回で4~5本分カットして作ります。


b0141044_23423169.jpg

パプリカのオリーブ蒸し。
これも4~5個まとめて作ります。
作り置きのおかずがあると、お寝坊したときはとっても助かります。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-10-13 00:03 | 家族 | Comments(4)