ブログトップ

Atelier in the Green

poco2008.exblog.jp

気ままに綴るあれこれ日記

<   2009年 09月 ( 10 )   > この月の画像一覧

「インテリア茶箱」の出版記念の展示会(22~27)が、
品川プリンスで開かれていて、友人を誘ってみてきました。
先生方の作品が並び、とても壮観です♪


お玄関ホールに置くベンチ型茶箱。
中身は傘を入れるとか・・・、なんだかもったいない~~
b0141044_9483447.jpg


帯をほどいて作った和風の美しい茶箱。
着物や帯で作ると、とても豪華で美しいインテリアになります。
篤姫のお嫁入り!って感じです。
b0141044_9491136.jpg


イタリア製のジャガードでの茶箱。
重厚でインテリア家具として使えます。
b0141044_949385.jpg


モリスの布でモダンな茶箱に。横にお揃いの布で小さい茶箱も・・・
b0141044_9495828.jpg


伺った日は夕方からビュッフェパーティがあり
北欧の食材をつかったスエーデンのフィンガーフードが
彩も美しく、そしてとても美味しかったので、そちらもアップです。
b0141044_9504767.jpg

b0141044_9512757.jpg

b0141044_953238.jpg

b0141044_9532566.jpg

食べやすくて、立食パーティーにはぴったりのメニューです。
美味しくいただいてから会場をあとにして・・・
品川駅構内のeーcute「満」でパンを買ってから
友人たちとお茶をしましたが
笑いすぎて、しわがバリバリに増えるメンバーで困ります(笑)
今度会うのは、朝のBILLS!
現地集合です。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-26 10:08 | 茶箱 | Comments(4)
連休は、実家のお墓のある富山まで出かけてきました。
母方の実家の法事に出るためでしたが、
お彼岸でもあり、父方の実家のお墓参りもすませてきました。

両親はともに富山の出身ですが、
父は旧制高校(理科)を出たあと、あこがれの京都に進学し、
大学卒業後は東京で就職をして
富山を離れて60年以上の年月がたちます。

母も高校卒業後、東京に進学し、卒業してから一度郷里にもどりますが
結婚でまた東京にくることになり
富山を離れて50年以上になります。
母方の家族は、母が東京に嫁いだのち
末娘(母の妹)も東京に進学したのを機に
昭和30年代に、東京に居を移し、
富山には昔からの親戚とお墓だけが取り残されることになってしまいました。

今回は祖母の7回忌(102歳で大往生)、そして曾祖父(40代で没)の100回忌の法事です。
江戸時代からの古~~~~~いお墓を
家長の従兄弟一家が、東京から何度も足を運び
今年「劇的ビフォーアフター」的にリフォームしたのです。

ちょうど天保の頃から書き記された過去帳(200年近い記録)が見つかったのも
秘められた歴史発見!って感じで面白かったです~


前半は父方の伯父たちとお墓参りです。
伯父が立山や剣が綺麗に見える観光スポットへ連れて行ってくれたのですが
山岳部にいた私は・・・・・また登りたい!!!と決意を新たにしました(笑)

常願寺川、上流・・・
b0141044_10541856.jpg

母たち姉妹や同世代の従姉妹たちは、
小学生の頃には、毎年夏休みになると暑い市中の生活を避けて
この写真よりさらにさらに上流にある家でひと夏を過ごし、
毎日川遊びや魚釣りをして遊び呆けていたそうです。


後半は母方の法事です。
前日の夜には、高齢の伯母達を中心に
東京からの親戚がみんな集まり、
市内のレストランで久しぶりの再会です。


翌日の法事のあとは
皆さん揃って岩瀬浜にある料亭で会食です。
100回忌法要のお経をあげるのは初めてです、と
お寺の住職さんにも言われましたが、
料亭の女将にも
「明治44年創業以来、100回忌の会食に使っていただいたのは
記録の残っている中でははじめて・・・・」と。
100回忌なんて、フツーはやらないよね~と、ぼそぼそ言う従姉妹と私(笑)
法事とはいえ、おめでたいことだそうで(子孫繁栄で)
女将の計らいでお赤飯が出ました。

歴史を感じる日本家屋とお庭・・・
b0141044_11125023.jpg

明治時代、北前回船問屋が繁栄した時分の面影を残す玄関・・・
b0141044_11272459.jpg

富山湾でしかとれない白海老をたくさん堪能できました。
b0141044_11275039.jpg


私をとてもかわいがってくれた母方のおばあちゃま
会ったことのないひいおじいさん
そしてともに70代で鬼籍にはいってしまった父方のおじいちゃまとおばぁちゃま
若いころには思いめぐらすこともなかった「何か」を感じてしまう旅でした♪
ご先祖様に感謝~
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-24 11:44 | 旅行 | Comments(0)
私には、父方にも母方にもそれぞれ伯母たちがたくさんいます。
この連休は、お墓参りや法事で、それぞれの伯母たちに会うので
普段のご無沙汰のお詫びのしるしに、
彼女たちにバッグをプレゼントすることにしました。

思い立ったのは先月末に行った白楽の布地セールの時・・・
ハギレを見ながら、プチバッグを作ることに。

なかなかまとまった時間がとれなくて、少しずつ作り続け
やっとなんとか完成しました。
b0141044_2371048.jpg


今回は手が回らなかった伯母たちと、従姉妹たちにはまたの機会に(笑)
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-19 00:08 | バッグ | Comments(0)

b0141044_10233138.jpg

日本武道館でのジャパンツアー千秋楽にマンションの友人たち(N子さん、Y子さん)と
いってきました。
4年前からの念願がかなう日です。
(N子さんは、月曜日の東京公演初日にも行ってきた熱の入れよう)

4時にマンション玄関に集合!
乗り換えのため渋谷で下車して、3人で軽いお夕食をとりおえると
N子さんが「彼等にお花のプレゼントをしましょう♪」と提案。

お花?
そんなの手渡せるの??
まさかステージに投げるの?
などなどわたしたちの素朴な疑問もありましたが
プチブーケを買いました。
なんでも会場にはギフトBOXなるものが置いてあって
その中にお花やプレゼントを入れればよいとか・・・
とりあえずコンサート経験者には素直に従います。

九段下界隈の上空にはヘリコプター2~3機、ホバリング・・・・
「もしかしてイルディーボの取材?私たちの?」などとN子さんと話していると
クールなY子さんが「のりピーの追跡よ!」
な~~るほど、世の中はのりピーなのね~~

会場までの道には露天商が軒をつらね
イルディーボグッズの販売をしていて
女性客が群がっていました(笑)

ここでN子さんのアドバイス「ペンライトはあったほうがいいかも♪」
なんだか演歌歌手のコンサート(氷川君♪とか)みたいだわ~と、内心思いましたが
先輩の勧めに従い露天で購入する私たち・・・
(コンサートでこんなの買うのはじめてです)

会場のお席につくとN子さんが、
便せんと封筒をとりだし渡してくれます。
「お花に添えるお手紙を書きましょう~」と(用意がめちゃくちゃ良い感じ)

でも、もしかして英語レター??
ゲ!って感じのY子さんと私・・・・。

しかしなんと心強いことにN子さんは英語のプロ(独語と英語の翻訳家)です!
私たち二人が口述すると、N子さんが同時通訳のようにスラスラ英文を書いてくれました。
さすが~♪ワンダフル~♪と感心するY子さんとワタクシ。
英語で商売しているだけのことはあります(笑)
N子さんまかせの4人へのお手紙も完成~♪

そこでちょうど時間になりコンサートの始まりです。
イケメンの登場に歓声があがります。
カッコよいのはもちろんですが、彼等の美声に酔いしれた二時間半でした。
全身に美声のシャワーを浴びたような感じで、最高のコンサートです。

ペンライトはもちろん大活躍でした♪



御贔屓のメンバーの国旗をふる観客をみて
N子さんはず~~っと「あ~~~~!!国旗をもってくるのを忘れたわ!!」嘆いていました。
そういえば、イルディーボって多国籍グループだったわね~(笑)
次の機会には国旗を忘れないようにしましょう。

コンサート終了後、ブーケを入れにギフトBOXをのぞくと
使用後のペンライトが2本と、Welcome!と書いてある使用後の画用紙が・・・・(笑)
皆様、ごみ箱と間違えていませんか???
ブーケは私たちのもってきたものしかないのです。
思わず、N子さんと「封筒に携帯番号書きたいね~」
でも、Y子さんの「このご時世、誰が見るかわかんないのよ。危ないからそんなのやめなさい!」
で、却下。

お互い成人した息子のいるN子さんと私は
「息子の番号、書いちゃおっか!」と未練タラタラ・・・

でも、そこでさらにY子さんの追い打ち
「〇君(うちの長男)は、いきなり自分の携帯に外人からの電話で英語でべらべらやられて応対できるのぉぉ?」
はい、無理です。
で、却下。

でもN子さんと私は、封筒にEメールアドレスをかいてきてしまいました(笑)
お返事きたらどうしましょ!
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-18 11:15 | 音楽 | Comments(0)
b0141044_918392.jpg

はじめて大きいサイズ(40キロ)に挑戦しました。
普通のワンデイレッスンとは違い、
数日をかけて作成するので、作品ができるまで時間もかかります。
手塩にかけたできあがったものですから愛着もひとしおです(笑)

部屋に散乱しているお手製バッグを収納することにしました。
ベンチシートとしても使えるので重宝できそう。

b0141044_9185654.jpg

今回はキャスターをつけて移動も楽にし、
ヒンジと蝶番をつけて蓋の開閉も片手で簡単にできるようにしました。

子どもたちの小さい頃にインテリア茶箱に出会っていたら、
彼等のお好みの布で、絵本やミニカーを入れて
ローテーブルでお座りもできる小さいBOXを作ってあげられたのにな~。
将来、もし孫ができたら作ってあげましょう(笑)
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-12 09:37 | 茶箱 | Comments(2)
b0141044_124443.jpg

20世紀、世界を席巻したデザイナー「ココ・シャネル」
女性なら誰でも知っている超セレブなデザイナーですが、
彼女の歩んだ軌跡は並大抵の人生ではありません。

先月友人たちと邦画「アマルフィー」を見たおりに
「来月はシャネルでね♪」と約束して映画の日を楽しみにしていました。

孤児院で育った不遇の少女時代、
自立を求めてお針子さんとして働く彼女が
運命の出会いの中で、恋愛に傷つき苦しみながら
自らの才能を開花させて、世界の頂点に向かって走り続けていきます。

愛を求めつつも報われず
でも失意の中にいても、毅然と自分を律し
最後まで妥協を許さない人生・・・
逆境を耐えてきた強さと、プライドがあればこそでしょうか・・
マリアカラスにも同じようなものを感じます。

映画では彼女のダーティーな部分(大戦中の恋愛など)はカットされ
カムバック二回目のコレクションのシーンで終わります。

87歳で亡くなる前日まで
アトリエで働いていたといわれる彼女。
「日曜日は嫌い。スタッフみんな家族のもとに帰るから・・・」が口癖だったとか。
生涯独身をとおした「究極の孤高のキャリアウーマン」なんですね。

18日からオドレイ・トトゥの「ココ・アヴァン・シャネル」も公開されます。
こちらも見たくなりました。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-11 13:42 | 映画&本 | Comments(0)
問屋街での「お買い物&美味しいものツアー」に誘われて、
久々に浅草橋へ♪
レザーのお店、ビーズのお店、布地のお店などなど
楽しいお店がいっぱいの町です。

今回のツアーの目玉はこちらの中華のお店・・・
浅草橋では有名なお店だそうです。
b0141044_20195794.jpg

葱肉冷麺(ネギ冷やしソバ)
たっぷりの胡椒がかかったネギがたまりません。
月に一度は食べたい!

四川風のゴマだれでいただく水餃子
b0141044_2226046.jpg

焼き餃子もショウロンポウも・・・あんかけ焼きそばも
すべてが美味です♪

そして柳橋で見つけた素敵なカフェ・・・・
隅田川のほとりにたつ由緒ありそうな古い民家。
ちょうど一階をギャラリーとして骨董品の展示会をしていたので寄ってみました。
いわくありげなこのお宅・・・・
大正~昭和にかけて活躍した芸者としても小唄の歌手としても有名な市丸さんが
数年前に亡くなるまで住んでいらした邸宅です。

二階の和洋折衷の広間とテラスにはカフェ用のテーブルがおかれ
隅田川から吹く優しい風をかんじながらのんびりと過ごせる贅沢な空間です。
b0141044_2164948.jpg

冷やし抹茶と和菓子をいただきました
b0141044_2175439.jpg

他にお客様もいなくて私たちだけ・・・・
テーブルにはお散歩案内の雑誌なんかもあって
もうゆっくりしていくしかありません。

あまりにも居心地の良い空間に時間を忘れてしまい
気がつけば二時間以上も隅田川を行き交う船を見ながら
みんなでボ~~~~~~~~としてしまいました。

b0141044_21111787.jpg

テラスからみたお部屋のテーブル席。

オーナーさんに長居をわびて
柳橋のたもとの佃煮屋さんと和菓子やさんで買い物をして・・・・
浅草橋ツアーはおしまいです。

そのあとは丸の内に移動して
3日にオープンしたばかりのブリックスクエアーをチェック!
私がOL時代に働いていたビルの跡地にできた新スポットです。
昔の殺風景なビル街の面影は全くなく、緑の多い素敵なエリアになりました。

丸ビルも新丸も近年素敵に変身しましたが、
昔の丸ビルでは、猫ほどの大きさのドブネズミが
天井の配管の上を走っていました(笑)

ジョエルロブションで食べたガレットは夕日をうけて茜色です(笑)
b0141044_2115779.jpg


お腹もいっぱいになる満足で楽しい一日でした♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-10 21:29 | お出かけ | Comments(0)
東北から秋の味覚が届きました♪
b0141044_20363191.jpg
b0141044_20365168.jpg

歯痛で苦しみながら中東から帰国した夫は、とりあえずの治療だけして
即また九州へ出張中です~~~~
来週はソウル出張だし・・・ほとんど家にいません。
(昔からそうなんですが)

そんな我が家ですからこんなにたくさんのマツタケやらサンマ・・・
誰が食べるの???ってことでご近所におすそ分けしました。

サンマはとにかく大量で、うちで冷凍するといっても限度があります。
「お夕飯の支度待った!」のSOSコールをして階下の友人宅にもっていったら
ちょうど顔なじみの電気屋さんのお兄さんがきていて
サンマ大好物というので、先ほど仕事帰りにバイクで寄ってもらって
持って行っていただきました。

うちのぶんもお腹を出して、たくさん冷凍はしましたが、
なんと・・・生ごみの収集日が3日先です。
辛い~~~。

今夜の私のおひとり様の夜ご飯・・・・「サンマの塩焼きと松茸ごはん」
ちょうど大根もあって良かったです♪
b0141044_2052275.jpg

塩釜のサンマ、今年は脂も乗っていて最高です。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-08 21:01 | おうちご飯 | Comments(0)
b0141044_2232928.jpg


オリーブオイルでにんにくと玉ねぎをいため、粒マスタード、スープの素も加え
最後にオイルサーディン(油を切って使う)を加え、
パスタにからめて大葉をちらして出来上がり♪
10分もかからずにできるのがうれしい~。
(最近買った本に載っていたレシピです)
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-05 22:53 | おうちご飯 | Comments(2)
9月になり秋の気配が漂う横浜ですが、先月末から夫は灼熱の中東を行脚中(お疲れ様~)

先日夫から・・・
「治療した歯がとれちゃったから、帰国したらすぐ歯医者に行く!予約いれておいて~~~」と
悲惨な携帯メールが・・・
出国→ドバイ→バーレーン→クウェート→ドーハ→アブダビ→ドバイ→
シンガポール→ジャカルタ→香港→帰国
発信日時からクウェートあたりからのメールかな?と思いますが・・
夫がどこにいるのかほとんどわかっていない私です(帰国日時のみ把握)


昔、バグダッドに駐在時、
差し歯(大学野球部の練習中にボールが顔を直撃して歯が折れちゃったそうな・・)が
とれてしまったものの、差し歯の治療ごときでは帰国も許されず
半年も歯抜け状態で過ごした話は、我が家では涙を誘う(笑いすぎで)爆笑ネタですが
また中東で歯のトラブルです!
アッチ方面、夫の「歯」には鬼門かも(笑)




来月は南米に半月ほど滞在予定ですが
「新型インフルエンザに感染しました~帰国不可能!」なんてメールが来ないことを祈ります♪

中東でお苦しみの夫には申し訳ないのですが、留守宅はいたって平穏な日々。
先日いらしたお友達が持ってきてくださった「因島のはっさくゼリー」で
まったりお茶タイムです♪

美味しくいただいています~御馳走様です~♪
b0141044_1033993.jpg

[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2009-09-04 10:18 | ひとりごと | Comments(2)