ブログトップ

Atelier in the Green

poco2008.exblog.jp

気ままに綴るあれこれ日記

<   2012年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

b0141044_2247362.jpg

またまた、フェルメールネタです。

先週末から、銀座で「フェルメール光の王国展」が始まりました。

ちょうど、日曜日に、学生時代の友人たちと、
銀座でランチ会があったので、
お開き後、観てきました。


彼の全作品(複製画)が、年代順に並び、逸話とともに、紹介されています。

画家として、そして、一人の家庭人(父親)としての、フェルメールに
親しみを感じる事ができます。

また、少しフェルメールに近づく事ができたような気持ちになれるのが、嬉しいです。


これからも、フェルメールの作品を 丁寧に鑑賞していきたいなーと思います。

今夏、東京都美術館で「真珠の耳飾りの少女」が公開予定です。

フェルメールの最高傑作と言われている作品なので、
ファンなら、絶対に見逃せない展覧会です。

今から、待ち遠しいです♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-27 22:47 | 展覧会 | Comments(0)
b0141044_19562132.jpg

昨夜の雪から、一夜明ければ、結構積もってます。

新年から、ずっと多忙でしたので、
久しぶりにゆっくり家で過ごす事にしました。


家の片付けも、ちょっと飽きたので、
今日は、中途半端に残ったハギレで、バッグを作りました。

グレーの部分には、タックをとり、
膨らみを持たせて、柔らかい感じにしてみました。

反省点も多々ありますが、失敗は、成功のもと!と言う事で、
明日は、お友達とのランチなので、デビューさせます♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-24 19:56 | バッグ | Comments(0)
b0141044_2254227.jpg

渋谷Bunkamuraで、開催中の「フェルメールからのラブレター展」を観ました。

故宮博物院展を見終わってから、渋谷に向かったのです。

こちらは、フェルメールの絵画を中心に、
オランダ美術の展覧会です。


今回のフェルメールは、「手紙」がテーマです。

「手紙を読む青衣の女」
「手紙を書く女」
「手紙を書く女と召し使い」
この三点が展示されました。

解説は、絵の中に書き込まれた、様々な小道具から、
女性たちのシチュエーションを探るべく、いろいろな憶測を巡らしています。


恋人からの待ち焦がれた手紙かもしれないし、
別離を告げる手紙かもしれないし、と。

私は、先入観を持ちたくないので、そのまま絵を見ます。

大事にしたいのは、フェルメールの絵の中に書き込まれた静謐な空気と、
描かれているその刹那、そして余韻。

感じるものが、フェルメールと同じであったなら、
こんなに幸せな事は、ないなーと密かに思うのです。


展覧会の梯子で、すっかり夕闇迫る時間となりました。

が、やはりVironに寄らないでは、帰れまテン!

早朝、家を出た友人と私は、
モンブランと温かいカフェオレで、頑張った一日の疲れを癒しました。


充実の一日でしたね。お疲れ様でしたm(__)m
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-22 22:05 | 展覧会 | Comments(2)
b0141044_2143788.jpg

先週、ゆっくり見る事が出来なくて、
とても後悔した清明上河図。

再度挑戦したのは、雪の舞う今朝です。


8時半過ぎには、既に100人ほど並んでいましたが、
想定内の人数で、ちょっと安心です。

二時間待ちで、念願の清明上河図に対面しました。

髪の毛ほどの極細の筆で書き込まれた市井の人々の暮らしは、
活気に満ちあふれ、
当時、世界一の大都市だった開封の賑やかさが、伝わってきます。

こんなすごい絵巻物は、初めて見ました。

後世、中国美術に多大な影響を与えたのは、展覧会の展示物を見れば、一目瞭然です。

二度も足を運んだ展覧会ですので、得るものは大きかったです。

ただ、やはり、あちこちから聞こえるのは、
蒋介石が持ち出した台北の博物院のほうが、
量も質も、北京を凌駕しているらしいです。


手元にある台北の「国立故宮博物院」の図録をめくると、
うーん、確かにね~的な気持ちにもなります。

紫禁城の秘宝は、厳選されて、あっちにいっちゃったんですね。


今日、友人と話題になった乾隆帝の妃、香妃の肖像画(カスティリオーネ作)は、台北にあります!

行ってみたいですね♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-20 21:43 | 展覧会 | Comments(0)
b0141044_7503790.jpg

仕事先のお仲間が、我が家に集合です。

若いお嬢様たちが、メインゲストでしたので
可愛らしい雰囲気作りに、少しは、頑張ったつもりです(^_^;)

と言っても、
ルクルーゼのラムカンダムール、エトワールを並べただけですが・・・
でも、とっても喜んでもらえて、良かったです。


また、遊びに来てもいいですか〜?と、賑やかに帰っていきました。
はい、はい。いつでもまた、どうぞ~~♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-19 07:50 | おもてなしランチ | Comments(0)
b0141044_124292.jpg

前々から楽しみにしていた展覧会です。


今回は、神品とも称される門外不出の「清明上河図」が展示されます。

北京でも見る機会が限られている作品が、
初めて中国以外で、展示されるのですから、見逃せません。

予習もバッチリ、準備万端で、出かけましたが、
「清明上河図は、200分待ち」との事で、世間を甘く見てました。

時間がなかったので、二列目からチラっと見る一般コース(こちらだって30分待ち)にしました。

200分も並んだ方々が、かぶり付きでガラスケースに張り付いてご覧になっている後方で、
私たち30分派は、人と人の隙間から、背伸びしてチラっと垣間見るだけです。
絵巻物の上の部分が、ちょっとだけ見えるかな?くらいで、悲しいです。

写真で、見た印象より小さくて、茶褐色になっていて、
遠目だとよくわからないって感じで、
結論は、やっぱり200分並べば良かったという後悔にうちひしがれます。


清明上河図は、さておき、
明、清の二代王朝にわたる皇帝24人が500年居城した紫禁城に、
四千年の悠久の歴史を越えて、脈々と受け継がれてきた宝物たちは、
現代の私たちに、秀逸だった黄河文明と、民族の智の力の高さを、
静かに、そして、雄弁に語ってくれます。

清朝の最盛期に君臨した乾隆帝時代の文物は、やはり素晴らしいです。
漢民族も満州民族も、先人たちの卓越した技術と高い芸術性を尊び、
そして守ってきた崇高な精神に感服します。


中国は、革命後の愛新覚羅家の混乱、抗日戦線、蒋介石の国民政府、文革等で、
多くの秘宝を、散逸させたり、失ったと言われていますが、
紫禁城の秘宝は、私たちを十分感動させてくれます。

学生時代、本田勝一の「中国の旅」で衝撃を受け、
新書「科挙」で、中国史の面白さにびっくりし、
後年、「ワイルドスワン」で感動し、
そのあとは、おきまりの「蒼弓の昴」「珍妃の井戸」「中原の虹」と続く
浅田ワールドにもはまりました。

中国は、知りたい、見たいものがたくさんです。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-13 12:04 | 展覧会 | Comments(2)
b0141044_21523552.jpg

b0141044_2152355.jpg

昨年、大ブレイクしたこんまりさん♪

しとやかな印象とは裏腹に、厳しいコメントが(ご自分の経験を踏まえて)
ただ者ではない?的なオーラを漂わせています。


本も読み、わかったのですが、
片付けは、彼女の人生そのものです。
収納術ではなくて、精神論に感動します。

昨秋からトキメキの無い衣類、食器、台所用品等処分してきました。


小物類は、コンマリさんによれば、「立てて、収納するのが基本です」

我が家の文房具類は、
いくつかの引き出しに雑多に入っていたのですが、
ダイソーで買ったペン立てに分類して入れ、
ぴったりサイズのカルトナージュボックスを作って、収めてみました。

あえて、見える収納にしたので、いつも綺麗にしておかなくちゃ!と、
思えることが、リバウンド防止になるかも。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-09 21:52 | 雑記 | Comments(0)
b0141044_21334054.jpg

明日は、次男の成人式です。

お着物の楽しみもない男の子の成人式ですが、
記念の写真を撮りました。

3年前の長男のときは、後日、部活の先輩たちに
「うちの大学の男で、成人式の写真を撮ったなんて話、今まで聞いた事ないぞ!」と、からかわれたそうで、
同級生も、誰も撮らなかったそうです。




次男も、面倒臭い! 男で撮る奴なんかいない!と、抵抗しましたが、
これからは、撮る機会もなくなると思うので、
無理やり撮りました(^_^;)

成人、おめでとう♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-08 21:33 | 家族 | Comments(0)
b0141044_1003279.jpg

年が明け、もう今日は、七草粥の日です。

例年と同じように、フツーのお正月を過ごした我が家ですが、
フツーの幸せに感謝です。


今年も家族みんなが、平穏無事な一年を過ごせますように、と、
願いを込めて、七草セットで、お粥を作ります。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-07 10:00 | 雑記 | Comments(0)
b0141044_219407.jpg

穏やかな朝日に輝く元旦の朝を迎えました。

そして、先ほど見た夜の東京タワーは、
優しいオレンジ色と、2012のネオンを夜空に放ち、新年のスタートを祝っていました。


皆様にとって、佳き年となりますようお祈り申し上げます。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2012-01-01 21:09 | 雑記 | Comments(0)