ブログトップ

Atelier in the Green

poco2008.exblog.jp

気ままに綴るあれこれ日記

<   2013年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

b0141044_20655100.jpg

友人のアトリエで、マカロンサシェのレッスンがあり、
参加しました〜。

マカロンは、ソレイアードの布、二種類(表と裏)を使い、
タッセルは、刺繍糸で作ります。
糸より機を使うとタッセルも超簡単に出来るんですね〜。
優れものに感動でした。

マカロンの中にはラベンダーのポプリが入っていて良い香りがします。
b0141044_2065562.jpg

b0141044_2065555.jpg

ピンクバージョンは、アトリエで作り、
ブルーバージョンは、家で作りました。

両面それぞれ楽しめます。
プレゼントに喜ばれそうです〜♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-28 20:06 | 手作り | Comments(0)
今日は最終日です。


お部屋で
昨夜買ったライチパンとお茶で簡単に朝食を済ませてから、
荷物をまとめて、飲み物の精算、
チェックアウトし、
またコンシェルジュに荷物を預けます。

9時にタクシーで「龍山寺」に向かいます。
b0141044_948236.jpg


マルチなご利益のお寺として有名なパワースポットです。
赤い衣を羽織った人々がいますが、
信徒さんなのかしら?、
ご祈願する人もたくさんいて、
信仰心の篤いお国柄だなーと感心します。
ちょっと圧倒される雰囲気もありますが、
エネルギッシュで、活気があります。


30分ほど、見学して、
次の観光地「忠烈祠」へ行く前に
時間調整でお茶タイムです。
台北駅近くの「スタバ」まで、タクシーです。

11時からの交替式に合わせて
10時半にスタバを出ます。

忠烈祠は、辛亥革命以降の英霊をお祭りしている祭祀場で、

軍の衛兵の交替式を見学できます。
b0141044_9482330.jpg


一時間毎に行われていますが、
外は暑いので、オンタイムに行きたい場所なのです。


しかし、スタバ前で拾ったタクシードライバーに
行き先を間違えて伝えてしまい、
次の次に行く予定の「行天宮」へ到着。

慌て行き先を訂正して、
11時ピッタリに忠烈祠に到着、
ギリギリセーフでした。


一糸乱れぬ完璧な集団行動、
華麗な銃さばき、
凛々しい兵士、

人々の喧騒と熱気と、暑さで充満している市中とは、別世界です。
結構感動しました。

30分で交替式が終わり、道に出ると、
ドライバーが声をかけてきます。

今度こそ「行天宮」へ。
ここも面白いスポットです。
b0141044_9482367.jpg

たくさんの人が占い?御神籤、お祓い?
に来て賑やかです。
水色の衣を来た人々の前に皆さん順番で並んで
お清め?してもらっているようです。

私たちも勧められて、
お線香でお清めしてもらいました。
担当のお婆さんに
「日本人?なんで一人できた?」
と日本語で話しかけられました。
私の将来は、一人!?


時計を見ればもう12時を過ぎ、お腹も空きました。

ランチはどーする~~~?
とりあえずホテル近くが安心かしらね~と相談。


南京東路の素敵なカフェ「春水堂」が気になっていた私たちは、
ガイドブックで
ここが元祖タピオカ入りミルクティーのお店と知り、
タクシーで南京東路へ。

お店はわりと空いてます。ランチメニューもあり、
お食事もできます!
はい、即決です。

メニュー注文書にチェックを入れて、
レジで先払いをします。
大根餅、招牌豆干(干し豆腐)、功夫麺等々、
あとタピオカ入りアイスミルクティーと
b0141044_9482321.jpg


タピオカ入りホットミルクティーなどを注文して

4人で1020元約3400円です(4人で400元がミニマムチャージなのでF9B0.gif価格)

麺も、大根餅も豆腐も美味しかったですが、
やはりタピオカ入り紅茶は甘さ控え目で、噂のとおり、美味しかった!

お店はガラス張りで、お洒落で、
目の前の公園の緑も見えて雰囲気は、抜群に良いです。

食事のあと裏手の「雲彩軒」に寄ったら、
スタッフさんがランチにお出かけでお留守。
戻るまで、新光三越の中山店へ。
場所的には日本で言うなら、三越銀座店か、日本橋店みたいな位置付けのお店ですが、
日本と比べたらちょっと寂しくなります。
東京って凄い街だと思います〜

時間を潰して、また「雲彩軒」へ。

お土産を買い、
いよいよ集合時間(2時55分)近くなり、
リージェントに戻りました。
トランクにお土産やら、日傘、帽子などしまい、ロビーでお迎えを待つばかりになりました。

ピックアップしてもらい、また市内の免税店に連れていかれ、
余った元(コインと紙幣)を全部出し、
足りない分はカード決済で買い物をしてから空港へ。

出発ロビーに「春水堂」とスタバがありましたが、
もうお腹いっぱいで何も入りません。

軍資金の返金が多少あり、
最後にまた空港内でチョコレートなどを買い、
有り金はたいて、飛行機に乗りました。

羽田には10時20分過ぎに到着しました。
東京って、涼しい~~と思います。
6月半ばの台北は、本当に暑くて、湿度も高く、
体力的にも夏バテしそうな熱帯です。


次回の機会は、秋〜冬に行きたいなー。
「微熱山丘」「百果園」「鼎泰豊」リージェントスパ「沐蘭」など
あと他にもたくさんの有名どころが残っているし、
九份という街にも行ってみたいし・・・。
でも、白菜も角煮もばっちり見られたので良かったです~♪

皆様お疲れ様でした~♪ ありがとう。





追記、
滞在3日間で、
個人のお土産代金と買い物とマッサージ代金を除いた
4人分の交通費、飲食代、雑費の合計は約 14000元でした。
お安かったです!
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-23 09:48 | 旅行 | Comments(0)
台北2日目
ホテルの部屋で簡単にパン、果物、お茶、ヨーグルトで朝食を済ませ、

8時にホテルからタクシーで故宮博物院へ。
b0141044_930912.jpg


約30分ほどで、到着です。

中国本土から多くの旅行者が押し寄せる観光名所なので、
時には何時間も並ぶとも言われています。
あまり長く並ぶなら諦めましょうね、と覚悟を決めていたのですが、
開館同時に着いたせいか、まだガラガラです。

でも大型バスから団体客がどんどん降りてくるので、
急いでチケット(160元×4枚)を買って、白菜のいる三階へ直行です。

ガラスケースの中に
美しい翠と白の白菜「翠玉白菜」が鎮座していました。

翡翠の秘宝は、白菜とイナゴとキリギリスという意外にも庶民的な題材で、
世界を魅了しているんですね〜。
確かに白菜には持ってこいの色の翡翠ですが、
大胆な発想だなーと思います。


二番人気は、豚の角煮を真似た「肉形石」です。
メノウを使ったリアル感ありありの傑作です。
何しろこちらもあの角煮ですから〜。
白菜に負けない大胆な発想です。

美術品の中でも、象牙の彫り物は、特にまた素晴らしいです。

中でも一本の象牙から珠を掘り出し、
中に何層にも独自に回転する珠がある象牙多層球は、
超絶技巧の最高傑作です。信じられない作品でした。

あっという間に、続々とたくさんの中国人や日本人の団体客で
館内はあふれてきました。
サクサクと鑑賞した後、
四階にある「三希堂」でお茶をしました。(4人で700元、約2300円)
乾隆帝の小さな書斎に比べたら、何十倍もあるような大きなカフェでした。

地下のミュージアムショップで
お土産を買って、早々に故宮を後にしました。
タクシーで次の観光スポット「台北101タワー」へ移動です。

チケット(500元×4枚←意外と高い!)を買い、
89階の室内展望台へ向かいます。
エレベーターがメチャクチャ速かったです。
東芝製だったかな?さすが日本製!
展望台には日本語案内のイヤホンもあり、
360度の台北の眺望が楽しめます。
雲りだったので、遠くは見えなかったのがちょっと残念です。


今度は、次の目的地、東門駅近くの「永康街」へ。

お茶屋さんや、お洒落なショップが点在する街です。
有名な「鼎泰豊」もあります。
ここは、いつも並んでいるようなので、今回はパスです。

お昼は、オーガニック茶芸館「回留」でいただきました。
b0141044_930958.jpg


スープ、サラダ、野菜丼、デザートを付けて、
4人で2112元(約6900円)
b0141044_930921.jpg

b0141044_930928.jpg

b0141044_930955.jpg

b0141044_930931.jpg


ヘルシーで胃に優しい食材ばかりです。
野菜の下には玄米と黒米の炒飯がありました。
結構ボリュームがあり
お腹いっぱいになりました。

食後、永康街とすぐ隣の麗水街にある「圓融坊」や「雲彩館」「耀紅名茶」などを見てから、
タクシーで西門駅に移動し、
チャイナシューズで有名な「小格格革坊」に行きました。
私はこちらで、手刺繍のルームシューズを買いました。

また、ブラブラと西門駅まで歩き、
パイナップルケーキを近くの新光三越まで歩いて買いに行く事に。
でも、実はかなり遠くて、結局またタクシーで三越へ。

日本の三越とは比較できないくらい小さい百貨店で、品数も少なく、
ちょっとガッカリでした。


b0141044_930957.jpg

三越近くの台北駅です。
大きいですが、古そうな感じです~


買い物をしてから、
タクシーで一旦ホテルに戻り、
夜市へ行くまで、ちょっと休憩です。

軍資金を調べたら、
初日に集めたお金12000元(3000元×4人)が底を付きそうです。
また、一人2500円ずつ集め、10000円をフロントで2960元に両替。
でも、結局は最後は1000元くらい余ってしまい、
みなさんに返金することになりました~。


7時過ぎ、タクシーで台北最大の夜市「士林夜市」へ。
平日の夜なのに凄い人出にびっくりです。
衣料品の露天や、屋台などで大賑わいですが、
度肝を抜くような見せ物もあり、
かなりディープな街です。

大東路に入ってすぐ左手にあるパン屋さん「パン達人手感共焙」TopPotBakery
が人気のようでした。
たくさんの種類があって、どれも凄く量が多く、
しかも安いです。
そして全てのパンが試食できます〜
試食だけでお夜食を済ますだろう不埒な旅行者がいても不思議ないくらいの量です。

私たちは、翌朝のパン用にライチ入りのパンを買いました。
(試食してライチの風味と味があまりに美味しかったので〜)
どっしりと重いパンですが、なんと100元〜。
4人で分けても余りそうです。

夜市は、8時〜10時がピークと聞いていたので、
混雑を避け、早々にタクシーで中山北路に戻りました。

お夕食は、第一候補、小籠包の「高記」、
第二候補、台湾料理の「梅子」と決めていました。

高記は、待たずにすぐお席につけましたので、
ラッキーでした。
b0141044_930944.jpg


こちらも青葉同様、日本人が多いです。

小籠包(10個180元)の味も日本人の好みに合っています。
皮の中に肉汁がたっぷり包まれていて、
生姜を乗せると、脂身とさっぱり感が
良い感じに融けます。
b0141044_930948.jpg


店内は落ち着いた色の内装で、とても上品な雰囲気です。

会計は4人で1300元(約4300円)でした。
こちらも安いし美味しいし、
ホテルにも近い満点のお店です。

やはり同じ中山北路にある「欣葉」というお店も良いそうですが、
今回は行く機会がありませんでした。

ブラブラ歩きながら、ホテルに戻り、
お楽しみの至福のバスタイムです。

友人おすすめのリージェントのスパ「沐蘭」に行こうかな?とも思いましたが、
元気が底をつきやめました。

翌日は、朝のうちに荷物やお土産をトランクに詰めなくてはなりません~
いよいよ明日はラストデイです~
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-22 09:30 | 旅行 | Comments(0)
友達3人と台湾へ遊びに行ってきました。
往復のチケット+リージェント台北ホテル2泊のみのツアーで
現地はオールフリーです。


初日
羽田発7時10分の飛行機で、
台北松山空港に10時前(現地時間)には到着です。
起床は4時、羽田カウンターに6時前にみんな集まりました。
眠いです~
でも、初日を有効に使えるのが魅力の便です。

空港到着後、お約束の市内免税店に連れて行かれたあと、
宿泊地の「リージェント台北ホテル」まで送ってもらいました。


コンシェルジュで荷物を預かってもらい
早速市内散策です。

お腹も空いていたので、
とりあえずホテルの近くの「京鼎楼」で小籠包をいただきました。
b0141044_9211540.jpg

b0141044_9211580.jpg


ジューシーで美味しい〜〜4人だとシェアするにもちょうど良い量なので
色々オーダーできて楽しいです。
4人で720元(約2340円)、
安いのに美味しく満腹です。

ランチ後、布や乾物で有名な迪化街へ。
初めてで、ちょっと恐々でしたが、
流しのタクシーを拾って移動です。

ここで、台湾のタクシーの低料金と便利さに目覚めた私たちは、
これ以降、移動は徒歩、もしくは全てタクシーになってしまい、
地下鉄に乗る機会は一度もありませんでした。

中山駅〜迪化街の布問屋の集まる永楽市場(建物)まで所要時間は数分、
料金は初乗り運賃の70元(約230円)、
しかも4人で割れば〜申し訳ないくらい安いです。
タクシーを使わない手はありません。
3日間で多分15回ほど乗りました〜

迪化街では、キッチュな雰囲気満載の客家花布や、
マイ主食の、はと麦を購入しました。


台北の真夏の暑さと猛烈な湿気と睡眠不足で
頭はクラクラしそうなのに、
突然の爆竹の音と火薬の匂いが立ち込め、
さらにクラクラです。

街頭には大きな神様たちが行列をなしてやってきて
騒々しさはマックスです〜
b0141044_9211526.jpg


私たちは、偶然見つけたお洒落なカフェに一旦避難です。
「Fleisch福来許珈琲館」
落ち着いた雰囲気で、とっても素敵なお店です。

店員さんはみんな英語OKなので、
ちょっと気が楽です。
基本的に日本語が片言でもF9B0.gifの場合は、
問題ないですが、
中国語しか通じないお店は、ちょっと厳しいかもです。


こちらのカフェは、ウーロン茶なら、おかわりOKで安かったです。
ケーキも美味しそうでしたが、お茶のみで・・・。

ゆっくりしたあと、再び迪化街からタクシーで、
ホテルのある中山まで戻ります。

タクシーのドライバーに行き先を伝えるには、
漢字で示すか、
ガイドブックの地図で場所を示せば、
大丈夫です。
中国語しか話せないドライバーもいれば、
片言の英語で話すドライバーもいたりで色々ですが、
親切だし、何も心配せずに使えるのが嬉しいです。

もちろん、遠回りしたりで、ぼられないよう
私は必ず助手席に座り、
地図と道(台北の道はすべて名前がついていて、とてもわかりやすい)の
両方をにらめっこしていました。
ドライバーが私の地図の中の道を指さし、
今ここだよ!と教えてくれたりする事もありました。


私たちは、中山北路一段近くの長安東路にあるお土産店「友達藝品」でタクシーを降りました。
ここの店主かしら?日本語ペラペラのマダムに圧倒されます。
私はこちらでポーチを購入しました。

さらにブラブラ散策しながら、
ホテル近くの南京東路近くのお土産店「雲彩軒」へ。
センスの良いお品が並びます。
若い女性に人気なのもわかります。

気がつけば、もう夕方になっていました。
でも、お食事の前に思いきって
台湾式マッサージ店に行く事になり、
雲彩軒の近くの「夏威夷養生館」へ。
ここは、台北に駐在する邦人に人気のお店です。

100分コース(足湯+足裏マッサージ+全身マッサージ)で
1300元(約4250円)でした。
ゴリゴリやられて死ぬかと思いましたが、
終わってみると寝起きのような気分になるのが不思議です。


免税店以外の出費で一番高額でしたが、
逆にいかに飲食代が安いかと言う事です。

マッサージが終わって、ホテルに戻り、
スーツケースを引き取って一度お部屋へ。、

天津街にある台湾料理店「青葉」を
8時に予約するようコンシェルジュに依頼。
その後、徒歩で青葉へ出かけます。
私が南北の方向を間違えて逆に歩いてしまい、
皆さんを倍以上歩かせてしまいました。すみません。

お店は清潔な雰囲気で、日本語も通じます。
こちらも駐在員がよく利用するお店です。
評判どうり美味しいお料理が食べられます。
閉店時間は9時半とわりと早目に終わります。

私たちは、時間ギリギリまで食事をして、
オーダーしていた切り干し大根入りタロ芋のコロッケは、
結局、満腹で食べられず、
持帰り用に包んでもらいました。
4人で2134元(約7000円)でした。
安い〜〜とみんなで感激です。

帰り道の途中のセブンイレブンで
朝食用のヨーグルトとパンを各自購入し、
お部屋に戻りました。
テーブルにはウェルカムフルーツ(リンゴと梨)が用意されていて、
朝食用に冷蔵庫で保管しました。

翌日の予定は、
今回の旅行の目的の一つ「国立故宮博物院」です。
お宝満載の美術館と言われています。

もちろん瑾妃の白菜が一番人気です。
じっくりゆっくり見る為には、
早く行くしかありません。
開館時間(8時半)と同時に入る事にしました。

私たちは、リージェントのゴージャスで広〜い大理石のバスルームで、
早朝からの疲れをゆっくり癒しました。
アメニティーグッズも充実していて、
女性には嬉しいホテルです。さすが五つ星~

そして、しっかり目覚ましをセットして、
眠りにつきました。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-20 09:21 | 旅行 | Comments(0)
b0141044_16483211.jpg

ミシンの調子が良いと、ついつい作りたくなってしまい、
また同型バッグを・・・

一見カラフルですが、わりと落ち着いた色合いで、
和風の風合いもある面白い布です。

近所の買い物に、重宝してます。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-11 16:48 | バッグ | Comments(0)
b0141044_155137.jpg

1月の新年会で観劇が決まってから、5ヶ月。
必須予習科目だった映画も早々に鑑賞して、
待ちにまったミュージカルです。
劇場で友人4人と待ち合わせをして、お席へ。
前から5番目で、ちょっとワクワクです。

目の前の舞台の迫力と、感動のストーリー、そして生演奏。
全てが一緒になった高揚感で最後は涙でウルウルでした。

ご一緒したミュージカル通の友人によれば、
今回は、キャスティングの良い日で、
いつもよりさらにさらに素晴らしい舞台だったようです。
トリプルキャストだから、見る日によっても
雰囲気も多少変わるのでしょうね。

マダムテナルディエは、圧巻の森公美子さんで、さすがでした。
ガブローシュが清史郎君ではなったのが、ちょっと残念でしたが、
鈴木君も、声がよく響き、すごく上手でした。

友人は、春〜7月までの東京公演で8回行くと言ってました。凄い〜
ご一緒した日は、彼女にとっては、4回目の観劇。
なので、彼女のコメントに、深くうなづく私たちでした。


興奮冷めやらないまま、
有楽町のおかめで、美味しいみつ豆をいただき、
ちょっと一休みです。

そのあと、私を含む3人で、
五反田のTOCへルクルーゼのセールへ。
「何も買うものはないけど、一応やっぱりチェックしてくる?」と話していたのに


結局、みんなでポット、グリルパンなどを購入してしまい、
かなりお疲れモードになりました。

帰りがけ、TOCの正面玄関でシャトルバスを待っていると
「なんだかハンバーグが食べたい気分だね〜」と話が盛り上がり、
五反田でハンバーグなら、あそこしかないでしょ!て事で、ミート矢澤へ。
相変わらず混んでいて、30分以上並びましたが、
お喋りしていれば、
あっという間です。

ルクルーゼのセール帰りの女性客が多く、皆様大きなルク袋を持ってました。
疲れてガッツリ食べたくなるのね〜〜、わかります!

レミゼラブルの興奮は、
夕方からルクバーゲンの興奮に取って変わり、
最後は、ミート矢澤で、
「この肉汁見て、凄い〜!」で終わりました!
b0141044_1551335.jpg


ちょっと帰宅時間が遅くなってしまいましたが、
とってもエキサイティングな1日でした。

全て色々お手配していただいた友人に感謝ですm(__)m
ありがとうございました〜♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-08 15:51 | お出かけ | Comments(0)
b0141044_1424724.jpg

友人お2人が、バッグ製作にいらっしゃいました。

色違いの布で、大きめのトートバッグが、完成です。

布は、ビューティーフルディズの
期間限定ネットショップでお買い求めになったそうです。

ネットショップがあるなんて、
知らなかったので、これからは、
マメにホームページをチェックします。

とにかく簡単に素敵なバッグが完成して良かったです。

来週、皆さんで集まる機会があるので、
その時にお披露目するそうです。

姉妹のようなバッグにみんなびっくりするかも~。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-06 14:02 | バッグ | Comments(0)
b0141044_22194868.jpg

1ヶ月前に友人から習った蓋付きショルダーバッグの復習です。

忘却の彼方に行きそうだった記憶ですが、
なんとか完成です。

サイズは、私の丸々太った長財布や、色々くっついているキーケース等々の関係で、
縦、横、幅、全て少しずつ大きくしてみました。

うーん、イマイチ可愛くないのは、やっぱりサイズのせい?
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-04 22:19 | バッグ | Comments(0)
b0141044_16103892.jpg

イケアで買った布でお揃いのバッグを作りました。

2つともプレゼント用です。

布がまだ残っているので、自分用にも欲しいなー。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-06-02 16:10 | バッグ | Comments(0)