ブログトップ

Atelier in the Green

poco2008.exblog.jp

気ままに綴るあれこれ日記

<   2013年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

三日目の朝は、ホテルオークラの朝食バイキングに行く事に。
前日フロントで8時半に予約をお願いしました。

お料理は、和食、洋食、中華、と全て揃っていて
品数の多さにびっくりします。
フルーツも盛りだくさんありました。
ただ、お料理の種類も手広い分だけ、
お味も平均的です。

三日目の手持ち現金は1440元です。
朝食代は、4人で2640元でしたので、
こちらもカードで支払いです。
お部屋に戻り、荷造りをして
11時前にチェックアウトをして、荷物を預けます。

タクシーに乗り(150元)、目指したのは、
松山空港近くにあるパイナップルケーキの人気店「微熱山丘」です。

お店は、モダンなデザインです。
中に入ると、奥のテーブル席に案内されて、
一人一人にパイナップルケーキとお茶をサーブしてくれます。

前回も含め、いろいろ試食したきた中で、
やっぱりここのパイナップルケーキが一番美味しい〜♪
ホテルオークラのパイナップルケーキも美味しいですが、
微熱山丘のほうが私の好みのお味でした。

みんなそれぞれにお土産を買い込み(重い!!)ました。
そして、のんびり街の散策へ。

近くに富錦街というお洒落なストリートがあります。
街路樹の緑がとても綺麗です。
住宅街の中にカフェや雑貨店が点在する
とてもお洒落な街です。
散歩しているだけでも楽しい気分です。

近くにあるカルフールも覗いてきました。
色々なのもがありますね。
ランチは富錦街のドーターズカフェ近くの
カフェ(名前を失念。4人で1100元)で、
ピザ、サラダ、パスタ、スープなどをいただきました。

雰囲気もお洒落で、特にサラダが美味しかったです。
時間があれば、もっとのんびりしたかったのですが、
飛行機の時間は、現地時間で18時15分。
早めに空港に行ってのんびりしましょう。と言う事になり、

荷物のピックアップのため一度ホテルに戻り(タクシー150元) 、
重いパイナップルケーキなどをパッキングし直したり、
着替えなどして、ホテルオークラを後にして、
空港に向かいました(タクシー代130元のうち少しみなさんからのカンパ)

オークラは、スタッフの対応も含め、全てとても良かったです。
リージェントより、行き届いているかなー。

空港に早く着きすぎたので、
展望階で飛行機を見たり、
b0141044_17361916.jpg

モスバーガーでお茶などして、羽田行きに搭乗しました。
気候も良く、お天気にも恵まれて、快適な旅でした。
そして、みんな、よく食べました!
お疲れ様でしたm(__)m

会計報告です。
集金一人3000元×4人で12000元で
飲食代、入場料、交通費をまかないました。
(個人のお土産&マッサージ代除く)
カード支払い分は合計4795元です。
総額4人で16795元使いました。
一人当たり4199元の旅でした。

台湾は物価が安いです~
でも食事はとっても美味しいです~


やっぱり来年も行きたいです~
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-12-27 17:36 | 旅行 | Comments(0)
台北二日目の朝、
目覚まし時計が6時に鳴り出す前、
ホテルの前がサイレンで賑やかです。
窓のカーテンを開けたら、たくさんの消防車がF9AB.gif
なんと目の前のビルで朝火事です。
でもボヤで済んだようでした。


7時にお部屋で朝食の約束です。
SちゃんとJちゃんが、
カップやホテルのウェルカムパイナップルケーキなど手に
上気したお顔でやって来ました。
聞けば、早朝からホテルの裏手の公園で
地元の人達と体操してきたとか〜
早朝から元気ですF9AB.gif


サクサクと朝食を食べ、
8時にホテル前からタクシーに乗り、
故宮博物院を目指します。(タクシー240元、入場料金4人で640元)

目標は開館と同時に入って、秘宝の鎮座する三階にかけあがる事。

しかし、今回は数分到着が遅れ、
さらに団体客(日本の高校生の修学旅行もたくさん)もとても多く、
白菜の部屋も、豚の角煮の部屋も既に二重三重の人垣でした。

人垣から垣間見しながらの鑑賞となりました。

でもとりあえず展示品は
要領よく全て見ました!

何度見ても感嘆の声が出ますね。
来年は日本に白菜と角煮が来ますので、楽しみです。
本館の三希堂でゆっくりお粥と飲茶のランチをいただき、(4人で670元)
ミュージアムでお土産を買い込み博物館を後にしました。

次は、台湾随一の名門ホテル「台北圓山大飯店」へ。(タクシー140元)
趣のあるクラシックなホテルで、素敵です。
宿泊客は、欧米人が多いです。
年明け早々、兄夫婦が台湾旅行で泊まる予定ですが、
シティビューのお部屋は、パックツァーの中でもオプション価格で高くなるそうです。

ロビーラウンジでティータイムを楽しんでから、(4人で814元)
ホテルのシャトルバスを利用して最寄り駅地下鉄MRT淡水線「圓山駅」へ。
ここで初めて地下鉄を利用しました。
先輩Sちゃんが台湾観光局からゲットしてくれた磁気カード(50元が既にチャージ済)が活躍しました。

「中正記念堂駅」
で下車して、
歩いて数分の中正記念堂で衛兵の交替式を見学です。
b0141044_12531885.jpg

b0141044_12531869.jpg


郊外の忠烈詞より観光客が多くて、賑やかです。

その後タクシー(130元)でパワースポット「龍山寺」へ。
b0141044_12531877.jpg

たくさんの人に溢れていて活気のある寺院です。
お線香の煙にむせそうですF9AB.gif

またMRT淡水線に乗り「台北車」駅で下車し、地下街ショッピングに。

初めて地下街に行きましたが、
たくさんの人が往来していて、
みんな地下にいたのね!と思います。

散策しながら
急に、マンゴーを食べに行こう!となり

「台北車」駅から地下鉄板南線に乗り「忠孝敦化駅」で下車し、
「陳記百果園」を目指します。
あたりはもう暗く、ちょっと迷いながら、10分ほどで到着です。
現地の通行人の女性が親切に道を教えてくれました。
日本人はみんな百果園に来るねー。と話してました。
お店は、そんなに大きくもないフルーツショップです。
b0141044_12531852.jpg


果物の盛り合わせ、マンゴーのアイスクリームを食べて、大満足です。
やっぱりマンゴー、美味しい〜♪(4人で440元)

帰り道に「チャチャテ」のショップをちょっと覗きましたが、
ハイセンスな雰囲気にちょっと気後れします。

ここからはタクシーに乗り、ホテルに戻りました(140元)

お夕飯は徒歩で行ける台湾海鮮料理の「梅子」を7時半に予約です。
こちらでも、前夜の反省を全く生かせず、また食べ過ぎです。

最後の杏仁豆腐をなんとか完食したあと
何故かまたサービスで、きな粉のお団子がきました。

もう満腹のあまり全員無口です。
特にJちゃんは、後半は無口になりました。

でもここも本当に美味しいお店です。
いくらでも食べられてしまう美味しさが怖い・・・・

4人で2155元でした。

初日、空港で集めた資金が約660元になっていたので
二日目に1人1000元を集めました。
合計約4660元でスタートした二日目でしたが、
あれこれ使って、お夕飯時には、手元に1440元しかなかったので、
ここではカード払いです。

予定では、このあと士林夜市に行く事になっていましたが、
あまりの満腹で、多分タクシーで酔う危険あり!となり、
取り止めです。

そこで急遽、近場の台湾マッサージに変更です。
ホテルの横にある「夏威夷養生館」で足裏40分コースをみんなで受けました。
一人500元でした。約1750円ほどです。
やっぱり安いし、マッサージはすごく上手です。
気持ちいー!

雨の中、ホテルに戻り
私はまたホテルの大浴場へお出かけです。

ジャグジーのブクブクの泡の中に落ちていきそうです・・・
はー♪極楽ー♪
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-12-24 08:53 | 旅行 | Comments(0)
師走の台北旅行記です。

4日、羽田空港国際線出発ロビーに6時集合です。
7時20分発の台北松山空港行きの飛行機に搭乗しました。

乗って上がったら食事です。
食べ終わってすぐ私は撃沈。
隣に座ったSちゃん(先輩です〜)に「Uちゃん(昔の呼び名)通路に頭が落ちてましたよー」と
言われるほどの爆睡でした。

松山空港に、現地時間で10時前に到着。
気候は想像以上に快適です。

今回は、ホテルとエアチケットのみしか予約していないので、
完全フリー旅です。
ゆえに、お迎えなし。
免税店に連れ回される時間もなしで、
時間を有効に使えます。

松山空港で、台湾F9BA.gifに両替しました。
レートは前回よりちょっと悪かったかなー。

私は、ここで会計のお財布を預かり、
1人2000元(台湾F9BA.gif)を集金(8000元)しました。


とりあえず空港からタクシー(130元)で宿泊予定のホテルオークラプレステージへ。

前回は、私が助手席に座ってましたが、
今回の旅では、先輩Sちゃんです。

何しろ先輩は、中国語が堪能で、
タクシーの助手席に乗ると、
ドライバーさんと雑談してます。
残り3人は、後部座席で好き勝手に日本語でおしゃべりしてました。


先輩は、今回の予約一切、
それに、台湾観光局のキャンペーンに応募して、
プレゼントで地下鉄の乗車券4人分までいただいてくれるという
素晴らしいお働きです。

持つべきものは、頼れる先輩です!

オークラは台北の中心地にある新しいホテルで、
とーっても素敵なホテルです。
b0141044_16253789.jpg

b0141044_16253725.jpg

b0141044_16253758.jpg

b0141044_16253732.jpg



最上階にジャグジー付きの大浴場があり、
リラクゼーションルームも至れり尽くせりの仕様で、かなり素晴らしい環境でした。

タクシーでホテルに着いてビジネスルームで着替え、仕度を整えて
荷物を預けてから、
いよいよ台北の町へお出かけです。

ランチは鼎泰豊本店(東門駅)を目指します。
タクシーで約140元でした。

予約番号をもらい掲示板に番号が出たら、
入店できます。
11時前でしたから、
10分ほどでお席に案内されました。
小籠包、炒飯 青菜炒めなどいろいろいただきました。
アツアツホカホカで、美味しい〜。
やっぱり人気店です!
4人で1452元でした。

その後は、鼎泰豊の後ろ側にある永康街の散策へ。

永康街は、前回も行きましたが、
今回はゆっくりいろんなお店をチェックして楽しみました。
お茶のお店や、茶器のお店が多い街ですが、
センスの良い雑貨やお洋服のお店も充実しています。
ジァンシンピーシンと言う生姜配合のコスメショップが素敵でした。

散策を楽しんでから、
3時過ぎに台北101タワーへ。

東門からタクシーで190元位でした。
お天気も良かったので、もちろんタワー(入場料金4人で2000元)へ上がります。
街のはずれの丘の中腹に有名な台北圓山大飯店(グランドホテル)がよーく見えます。
明日はあそこに行けるかな?と
ちょっとワクワクです。
松山空港もよく見えました。
結局台北の街は、小さいという事です。

91階の屋外展望台にも出ました。
風は思ったほどは、強くありませんでした。
多分地上400メートル位です。

観光も疲れたので
タワー下のモール街でまったりティータイムです。
鉄器のポットがお洒落で、みんな、「欲しい〜」とか言ってましたね〜
でも、買って持って帰るには、重すぎだろ!
の突っ込みももちろんありました。

ここで、夕方以降さらに翌日の戦略を練りました。
さー、とりあえずホテルに戻りましょう。
と言う事でタクシー(190元)でオークラに行きます。

ホテルに7時前後に戻り、
フロントコンシェルジュに
台湾料理の欣葉を8時で予約依頼をし、
お部屋へ。

お部屋割は、先輩Sちゃんと同期のJちゃん。
実はこのお2人、学年も学校も違いますが、、
お父様達のお仕事の関係で
お育ちが同じところだったという幼なじみでーす。

私は先輩S女史と一緒♪
入社の時からとーってもお世話になった優しい先輩なのです。

お部屋に入って、
わぁー素敵〜♪
オークラ素敵〜♪とひと騒ぎしてから、
斜め前の新光三越八階の欣葉へ。

メチャメチャ美味しい!と調子に乗り、
食べ過ぎにも程があると言うほど、食べました。

最後の大きなお鍋も完食、
さらに絶品杏仁豆腐も完食、
さらにサービスのきな粉のお団子も完食。

途中、先輩のS女史は満腹のあまり、
既にリタイア状態でしたので、
残り3人で根性で食べました!
お会計4人で2310元也〜。
食後は、三越デパートのドンクで
朝食用のみんなのパン(150元位)を買いました。

デパートは、毎日夜10時まで営業していて、
夜も人が多く、活気に満ちているお国なんです。


私とS女史は、セブンイレブンなどを見てホテルへ。
SちゃんとJちゃんは、百均の文具専門店に行ったようです。

私は、お部屋に帰ったあと
お楽しみのホテルの大浴場へ。

広い湯船にゆーっくりつかり、トロトロになりそうな
極上のバスタイムです。

納期直前になって、予定外のデザイン変更など
大変だった茶箱の仕事を片付けて、
ようやくギリギリ間に合っての台北旅行です。

よく頑張った、私!   みたいな満足感に満ちた気分で
ボーーーーーーーっとお風呂から台北の夜景を眺めた夜でした。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-12-18 16:25 | 旅行 | Comments(0)
b0141044_06591.jpg

12月初旬、
OL時代の先輩2名(S女史、Sちゃん)、同期1名(Jちゃん)と、私、の女4人で台北に行ってきました。

暑くなく、寒くなく、快適な陽気の台北に、テンションアップの楽しい旅でした。

今回もまた会計係をしましたので、
会計報告を兼ねて旅行を記しておきますm(__)m
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-12-18 00:06 | 旅行 | Comments(0)
b0141044_2349597.jpg

先月、上野の芸大美術館へ国宝の仏頭を見に行きました。

私が習った中学の教科書には「山田寺の仏頭」として載っていましたが、
いつの間にかお名前が興福寺に変わっていたのが、不思議です。

もともと山田寺のご本尊だったものを、
興福寺の僧侶たちが略奪してしまったからなんですが、
あらまーそのままちゃっかり?なんて思うのは、
浅はかな素人の感想ですかねー。

ふっくらとしたお顔立ちの中に、
引き締まった精悍な若々しさを感じます。

1300年の時間を越えて、
私たちの前にお姿があるという事が奇跡です。
[PR]
by poco_a_poco_2008 | 2013-12-15 16:50 | 展覧会 | Comments(0)