人気ブログランキング |

ロンドン旅行のphotobook

楽しかった旅行のphotobook。
友人が編集制作してくれました。
なんと、上下2冊組。
感動のサプライズでしたー。
b0141044_13214434.jpg
ブログのロンドン旅行記が途中ですが、
こんな素敵な思い出bookが手元にきたので、
滞ってしまうのです。




# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-23 13:30 | 旅行 | Comments(0)

ANA機体工場見学

京急空港線、穴守稲荷駅で羽田クロノゲートを見学したあと、
国際線ターミナル駅に移動。

ランチを済ませ、
今度は、モノレールで整備場駅に。

10分ほど歩き、ANAの機体整備工場へ向かいます。
最初にビデオで 空港に勤務する職員の様子など見てから
第一格納庫へ。
大きいので、迫力があります。
ボーイングの飛行機が3機並んでいました。
b0141044_10135968.jpg
目の前は、A滑走路で、飛行機が次々に着陸してきます。

b0141044_10152786.jpg
中央に駐機されていたカーゴ便は、B767。




格納庫から外に出ていたB777は、ロンドンに行くときに乗った機種?
ニューヨークもそうだったかも?
b0141044_10160986.jpg





翼にドルフィンの絵がある737


b0141044_10170413.jpg
整備訓練用機として新入社員さんたちに囲まれていました。





b0141044_11284262.jpg

左側にいたのは、ボーイング製では一番新しいB787。
炭素材で軽量化とか言われていたけれど、
バッテリーの不具合で、運行中止になった経験もある機種だったかも・・・。
(記憶違い?)

コックピットの窓の枚数が4枚。スッキリした印象です。
エンジンは、ロールスロイス社製の35億。(どこかで聞いたフレーズ)
2個装備で、70億になりますね。 

今年、ANAがエアバスから購入したA380は、
ブルー色一機と グリーン色一機で、
ボディーには海ガメがペイントされているフライングホヌ。
今年中に、オレンジ色のA380も加わると、3兄弟。
まだ、実物を見ていないけれど、見るより乗ってみたいです。
総二階建てですから~。

いただいたお土産にもフライングホヌが。
b0141044_11172511.jpg
嬉しいー♪大事に使います~。

3時解散のあとは、
モノレールで国内線ターミナル駅へ戻り
友人たちと5時までお茶&おしゃべり。
今度またゆっくりね~と解散しました。
面白い社会科見学でした。

また、機会があれば、参加してみたい。





# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-20 10:03 | お出かけ | Comments(0)

大人の社会科見学

ヤマト宅急便の羽田クロノゲートの見学会に、
運よく参加出来ることになり、友人たちを誘って出かけてきました。

空港、東京湾にも近い物流拠点の施設は、
超ハイテクです。
仕分けラインのシステムは、コンピューター制御で24時間、365日稼働しているとのこと。
間違いなく、休むことなく、スピーディーに仕事ができる。
人の手は、必要ないんですねー。
全て、集中管理センターで運用されているそうです。

国内は、もとより、
海外へのネットワークを拡充して成長していく企業さんの勢いを感じます。

お土産もいただきました。
ありがとうございます。
b0141044_09553013.jpg


次は、飛行機のメンテナンス工場へ向かいます、



# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-20 09:21 | お出かけ | Comments(0)

ハロッズ

ヴィクトリア&アルバートミュージアムの前の通りを
中心部に向かって歩いていくと、ナイツブリッジという隣の駅の近くに
ハロッズがあります。
色々なものが売られていて、見るだけで楽しいです。
食料品コーナー、も充実していました。

夕方になってまだまだ明るい。
でも、もう結構疲れています。

ピカデリー線に乗って、ラッセルスクエアに戻りました。
地下鉄には、犬が乗ってました。
b0141044_22261471.jpg
ホテル近くの軽食風のお店で
ジャパニーズご飯を食べました。焼きうどんとーラーメン。
時間は、午後7時前後でも、昼間のような雰囲気。
b0141044_22300165.jpg
割りばしが来ました。おてもとと書いてあります。
b0141044_22320673.jpg
夜は、なかなかやって来ないのですー。


# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-12 22:23 | 旅行 | Comments(0)

ヴィクトリア&アルバートミュージアム

地下鉄ディストリクト線、サウスケンジントン駅下車すると、すぐに見えてくるのが
豪華な美術館です。
b0141044_21404770.jpg
ものすごい数の展示品があり、ゆっくり鑑賞していたら、時間はいくらあっても
足りないです。
部屋数、145だそうで、内部は迷路です。

b0141044_22045757.jpg
ガイドブックの90分で完全攻略!をしっかり読んでから
行くべきでした。
ちょっと、失敗です。


b0141044_22093152.jpg

多分、大事な展示品をたくさん見逃していると思うのです。


印象的だったのは、ライオンキングの舞台衣装。



途中、廊下の椅子に座って見た中庭で水遊びに興じる子供たち。
楽しそうでした。

この美術館の隣には
自然史博物館が建っています。
ダーウィンが収集した標本や、ドードーの骨格が展示されているのに、
何故か、かすりもせずスルーしてしまった私達。
残念でした。











# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-11 11:37 | 旅行 | Comments(0)

世界遺産 国会議事堂House of Parliament

b0141044_22241719.jpg
<

イギリス国会議事堂は、
  バッキンガム宮殿から10分ほど歩くと着きます。
Big Ben の名で有名な時計台は、
ただいま改修工事中で 姿は見えません。

内部の撮影は禁止なので
入り口のみの写真です。
b0141044_22260813.jpg
b0141044_22270351.jpg

内部見学をする場合は、事前にスケジュールの確認が大事。

国会の会期中は、土曜しか見学できないので
旅程を調整しないと難しいのです。
(8月は、国会審議もお休みらしく ウィークデーもok)

受け付けは、事前のWEB予約のみで希望の時間枠の予約を入れます。
でも、行きたい時間枠が埋まっている確率もかなり高いです。
あっという間に埋まってしまうようです。

有料オーディオツアーは、20カ国語ほど用意されていますが、
日本語はないですー。選択の余地無しってことで
英語ツアーに.......。

出発前に、予約リファレンスナンバーをプリントアウトして
各自、持参するよう言われます。
予約当日、指定時間に遅れると
検問では、ちょっと意地悪されます(笑)
まぁ、ジョークのようなものですが・・・。
荷物&身体検査も、結構シビアです。

風格のある外観は、もちろん立派で素晴らしいですが
建物の内部は、素晴らしい芸術品に溢れていて、想像以上ですー。
どこを見ても、感嘆します。
イギリス民主主義の歴史と風格を感じます。

もともとは、
ウエストミンスター宮殿という王室の宮殿だったので
各部屋は、大変豪華です。
歴代の王の肖像画や、憲政史上の有名なシーンの絵画など
ところ狭しと列べられています。
美術館のような建物。
造りも素晴らしい・・。

テレビで見たことのある議会場は、
かなり狭い感じです。
議席は、対面式で お互いの距離もとっても近い。
シートも結構窮屈なはず。
お昼寝できる環境ではないです。

面と向かっての議論も 白熱しそうです。

EU離脱問題で、辞任に追い込まれた
メイ首相の演説の姿は
記憶に新しいです。




観光客を呼び込む国会議事堂の営業努力は凄いです。
予約日の2日前に
国会議事堂からリマインドメールが来ます。
予約日時の確認に始まり
ボディチェックは、空港レベルで ちょっと時間がかかるので
予約時間より、20分前に来てください~とか
エントランスの場所は、地図を貼付してくれています(大変大きな建物なので)
困ったら、ここに電話してくださいーとか
懇切丁寧の極み。


さらに、翌日には、見学の感想はいかがでしたか?とフォローメールが来ます。


最後には、帰国したら、またメールが来ます。
サマーツアーや、今後のイベントの案内状が来るのですー。
カフェや、お土産のお知らせも。

そして、今後も国会議事堂とのコンタクトを希望する場合は、
ここをクリックしてね♪みたいな営業活動メールには、脱帽です。

世界遺産といえども
安穏とはしていないなーと思います。

日本語オーディオツアがあれば、
日本からの観光客も増えると思うのです。

機会があれば、是非ともお薦めしたい観光スポットです。




エントランスホールのステンドグラス


b0141044_21230220.jpg

# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-08 21:20 | 旅行 | Comments(0)

ロンドン名物 フィッシュ&チップス

女王陛下のパレードを見学後
トラファルガー広場近くのパブというか、カフェというか
カジュアルなお店で、ランチタイム。
看板を見て 飛び込みです。
一度は食べてみたい名物のフィッシュ&チップスです。

サクサクしていて美味しいですが、量も多いです。
3人で2皿オーダー。
あとは、チキンサラダ。
みんな、かなり頑張って食べましたー。
b0141044_10495960.jpg
b0141044_10510642.jpg


お腹もいっぱいになったので、
ウエストミンスター駅方向にある 国会議事堂の見学へ出発です。
時間予約なので、遅れないようにしないと・・・

# by poco_a_poco_2008 | 2019-07-04 09:56 | 旅行 | Comments(0)

エリザベス女王の公式誕生日パレード

b0141044_21322902.jpg
ロンドンでは、6月のお天気が良いので、
エリザベス女王の御誕生日パレード、
「トゥルーピングザカラー」と呼ばれるバースディイベントがあるそうです。
本当の御誕生日は、4月だそうですが。
今回、偶然にも私たちの旅程が、ピッタシカンカン。
当日、トラファルガー広場から宮殿へのびるマルの沿道には、
たくさんの人々が詰めかけて、大混雑。
人垣が何重にも重なっていて、見学も難しい状況。
少し後方の階段に陣取りました。




超カッコいい騎馬隊のパレードも大変迫力ありました。
馬の数も凄かったー。さすが大英帝国。
って、昨今は、色々苦境ではありますが、、、、。


b0141044_21311173.jpg
そして、なんとラッキーなことに 馬車にお乗りになっているエリザベス女王陛下を
チラっと拝見できました。
沿道からは、歓声があがり、女王陛下の人気はすごいです。
b0141044_21131226.jpg
パレードのあとは、ロイヤルファミリーが揃って、
宮殿バルコニーにお出ましになり
国民からの祝意をうける流れだったようですが、
私たちは、時間の関係もあり、午前中のパレードだけ拝見。
午後には、イギリス空軍の飛行連隊が、宮殿の上空を通過するフライパストもあったそうで、
当日は、大変良いお天気だったので、集まった人々も、大喜びかも。

何はともあれ、女王陛下、93歳の御誕生日おめでとうございますー。




# by poco_a_poco_2008 | 2019-06-30 23:10 | 旅行 | Comments(0)

キングスクロス駅&セントパンクラス駅

ロンドンに到着した夕方。
ホテルに荷物を置いてから、ラッセルスクエア駅までお散歩。
駅で早速オイスターカードを購入します。
町の様子を見ながら、10分ほど歩くと
ユーロスターが発着するセントパンクラス国際駅と
ハリー・ポッターの撮影場所となったキングスクロス駅が並んであります。
こちらは、キングスクロス駅。
b0141044_09262125.jpg
こちらは、セントパンクロス駅
b0141044_09273958.jpg
駅構内には、フランス、ベルギー行きのユーロスター列車が並んでいます。
b0141044_09293124.jpg
駅舎の中のカフェで、お夕食です。
パスタと、サラダ。

b0141044_09305193.jpg
b0141044_09315608.jpg
食後、外に出ても まだなお少し明るいロンドンの町でした。
時計も9時半過ぎてますね。
b0141044_09333502.jpg

# by poco_a_poco_2008 | 2019-06-29 23:17 | 旅行 | Comments(0)

ロンドン旅行のあらまし

6月初旬、女子旅でロンドンのアチラコチラへ。
ANA直行便で、羽田から12時間弱だったかしら?
現地に着けば、夕刻なので時差もあまり気にならず・・・。


☆空港からのアクセス
ヒースロー空港からホテルまでは、
出発前に送迎バンの予約を済ませていて、良かった。
空港から乗り換えなしの地下鉄ピカデリー線で行く案や、
ヒースローエクスプレスで、パディントン駅乗り換えで行く案もあったけれど、
出発前に一人が右足を負傷する事故が勃発して、
送迎バンを予約していて、正解。
市内は、予想どおりの渋滞に合うものの、約1時間でホテルに到着できたと思う。


☆交通カード
空港に着いたら、必ず買うように!と言われていた
オイスターカード(プリペイド式磁気カード)は、
ホテル近くのラッセルスクエア駅の自動券買機で
デポジット£5を含めて£20をクレジットカードで購入。
途中もう一回、追加で£15をチャージ。
残金は、最後に空港の返金できる自動券買機で返金できるので、
使いきれなくてもOK。
オイスターカードや、トラベルカードがないと、地下鉄もバスにも乗れないので、
市内観光には必要。

☆ホテル
地下鉄ピカデリー線のラッセルスクエア駅からすぐの場所にある
ロイヤルナショナルホテル。
近くには、大英博物館もあるので 国内外からの観光客でかなり賑やか。
3ベッドのお部屋は、珍しいので ここで予約できて良かった。
朝食サービスを付けたので
毎朝、6時半のオープンとともにダイニングルームへ。

近くには、コンビニのようなお店や、デリや、手軽な飲食店もあり、
ご飯難民になる心配もなし。
バス停留所も目の前。
2階建ダブルデッガー(ロンドンバス)にも、気軽に乗れるので、これも便利。


☆事前予約
出発前に国会議事堂、ウエストミンスター寺院、聖ポール大聖堂、スカイガーデン
ミュージカル「レミゼラブル」の予約は 済ませていたので、
時間の節約が出来たので、良かった。
ロンドン塔は、現地で考えよう~と予約していなかったのが、残念な結果に~。
スマホで予約してもプリンターがなくてアウトプットできず、
当日券狙いで、チケットセンターに行けば、3時間待ちとのことで
残念ながら、時間の関係で、中に入るのはあきらめる形に・・・。

☆お天気
晴れれば、20度を超えて、初夏のように気持ちが良いけれど、
雨になると、10度少し超える程度で、かなり寒い。
夜も冷えるので、長袖は必携だし、傘も必要。

☆地下鉄&ロンドンバス
私たちの移動は、基本的に地下鉄かロンドンバス。
地下鉄は、案内図もわかりやすく、ホームでの待ち時間もほとんどなく、
大変便利に使えるので、良かった。
バスも路線図を確認して乗れば、問題なく、
2階のシートに座れば、町の風景も楽しめて、とっても良かった。
バスもすぐ来るので、バス停で長く待つことは無かったのが嬉しい。
ただ、渋滞に巻き込まれると、目的地まで時間がかかるかも。

☆Uber
今回は、2回ほど使ったけれど、地下鉄やバスで行きにくい場所や、夜間の移動にはお勧め。



# by poco_a_poco_2008 | 2019-06-28 23:28 | 旅行 | Comments(0)

映画「ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス」

上映時間205分の長編ドキュメンタリー映画。
(なんと、途中で休憩タイム10分、あります)
舞台は、ニューヨークの観光スポットとしても有名な図書館。

昨年、ニューヨークに行った折に見学して、
その佇まいだけでも十分に圧倒されました。
https://poco2008.exblog.jp/28779346/

映画では、内部の様子が垣間見れるとの評判で
楽しみに鑑賞。
淡々と図書館の日常が描かれているけれど、
その活動は、幅広く、丁寧で
信頼できる誠実さを感じる。

図書館で催される講演には、音楽会もあれば、ダンスレッスンもあったり
文学、経済、宗教、政治などのディスカッションもあり、アカデミックな雰囲気でもある。
知的好奇心に満ちたたくさんの市民が、耳を傾けます。

図書館では、
仕事探しのサポート体制や、住宅の提供サポート
子育て支援サポート、子供たちの勉強サポートなどなど
市民の生活を支えているのも、利用者にとっては、身近な存在です。

そして、図書館の経営は、税金だけでななく、
民間からの寄付も大きな支えであることを知りました。

アメリカの抱える貧困や人種差別問題も含めて、
公共性とは何か?を議論を重ねていくスタッフミーティングの様子は、興味深いです。
折々に登場する館長の言葉にも、胸を打つものがあります。

限られた予算の中で、図書館の担うべき責務を自覚し、
公共図書館としての使命を全うしようとする彼らの姿、見ごたえあります。

全編ノーナレで、ストレートに映像だけが入ってくる感じ。
クレジットに流れるゴールドベルグ変奏曲が、ますますクールで素敵♪

長いけれど、飽きさせない秀作ですね。
岩波ホール、平日でも満席でした~。



# by poco_a_poco_2008 | 2019-06-25 23:52 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

怪しいハガキ

b0141044_09135623.jpg
訴訟・・・民事裁判・・動産、不動産の差し押さえ・・・などなど身に覚えのない物騒な言葉が並ぶハガキが届いてビックリ~。
私、知らないところで訴えられていたの?って動揺してしまう一瞬があって
いやいや、世間様に契約不履行で訴えられるような不義理はしてないはずと、思い直す。
落ち着いてハガキをよく見ると なんだか変な感じ。
電話番号が、千代田区所在の番号ではないし(OL時代の会社は、千代田区だったから、番号を見て、あれ??なんだか変と思った)
消印が、都下の郵便局だったし・・・。
住所は、ありそうな霞ヶ関だけれど、郵便番号の下4桁が変すぎ~。
普通は、00××ってすっきり番号だけど・・・。


て 見ると、突っ込み満載のハガキで、かなり怪しい。
家族に相談すると、消費者センターにも多数の問合せが来ているらしいとの情報がネットにも出ているとのこと。
一応消費者センターに問い合わせると、無視していいとのこと。

訴訟取り下げ最終期日、6月7日って 焦らせる日程を設定していて
コチラが、慌てて 連絡して、言われるがままに 弁護士費用を振り込んでしまうのを
アチラは待っているわけね。
ちなみに届いたのは、6月5日。

本当に、全く、やめて欲しいわ~こういう迷惑なハガキ。
旅行を控えていて、いろいろ忙しいのに、余計な時間をとらせないで欲しいー。


どちら様も くれぐれもご注意を。

# by poco_a_poco_2008 | 2019-06-06 11:12 | 雑記 | Comments(0)

「空母いぶき」

日本の国防の最前線を描いた映画で、沈黙の艦隊でも有名なかわぐちかいじの原作。

先日のアメリカ大統領の来日の際に、
最大級の護衛艦「かが」「いずも」を空母化し
(護衛艦であっても戦闘機を搭載すれば必然的に空母となる?)
F35B戦闘機 (1機100億以上らしい)を搭載予定との話も出て
架空のお話とは思えないあまりにタイムリーな作品。

映画では、
自衛隊は、世界トップレベルの高性能の武器を保有して
戦闘に耐えうる能力もあるってことが描かれています。
中井貴一が演じるコンビニ店長は、国防の最前線で何が起こっているかも知らないまま
ノー天気に時間を過ごす。
一方で、ネット記事に敏感に反応する人々は、
扇動行動のように買いだめに奔走する。

現実の世界では、
専守防衛を基本理念とし、行動してきた自衛隊にとって
空母化の計画は、防衛方針の舵を大きく切る可能性もあります。

そして、さらに最新鋭の攻撃機を多数用意するとなれば
巨額な予算が必要です。
購入費用はもちろん 整備や補修にだって、巨額な血税が注がれ続けるわけです。

昨年、横須賀軍港のクルーズに参加して
補修や燃料補給で停泊している海自のイージス艦や、潜水艦を見ました。
ちょうど潜水艦救難艦「ちよだ」も帰港していました。 

浮上している潜水艦の艦上からのんびりと手を振ってくれる乗組員を見ながら、
どうぞ平和な時間がずっと続きますように願ったこと、忘れられないです。



# by poco_a_poco_2008 | 2019-05-31 23:45 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

サザン追記

今更ながら・・・・
5月12日コンサートのセトリ
1.東京VICTORY
2.壮年JUMP
3.希望の轍

MC

4.闘う戦士たちへ愛を込めて
5.SAUDAGE
6.彩
7.神の島遥か国
8.青春番外地
9.欲しくて欲しくてたまらない
10.Moon Light Lover
11.赤い炎の女
12.北鎌倉の思い出

MC

13.古戦場で濡れん坊は昭和のHero
14.JAPANEGGAE
15.女神達の情歌
16.慕情
17.愛はスローに少しずつ(仮タイトル)
18.ゆけ!!力道山
19.CRY 哀 CRY
20.HAIR
21.当たって砕けろ
22.東京シャッフル
23.D.J.コービーの伝説
24.わすれじのレイド・バック
25.思い過ごしも恋のうち
26.はっぴいえんど
27.シュラバ★バ★バンバ
28.マチルダBABY
29.ミス・ブランニュー・デイ
30.イエローマン
31.マンピーのG★SPOT

アンコール

32.I AM YOUR SINGER
33.LOVE AFFAIR
34.栄光の男
35.勝手にシンドバット
36.旅姿四十周年

圧巻の熱唱で凄かったです~。


# by poco_a_poco_2008 | 2019-05-30 10:44 | 音楽&コンサート | Comments(0)

サザンオールスターズ~~

友人が、メットライフドームのチケットを4枚取ってくれました。
と言うより、所沢しか当たらなかったという感じ。
東京ドームも横浜アリーナも、あっさりハズレですー。

そして、おばさん4人、副都心線で大人の遠足となりました。

一人目、まず横浜駅から、東横線Fライナー特急小手指行きに乗り、
お次が、武蔵小杉から乗り、

残りの二人に車両とドア番号をラインで送ります。

 さらに、自由ヶ丘から一人乗り、
最後の一人は、明治神宮前から乗り、
4人合流できました。
所沢駅まで、お喋りしていたので、
あっという間したが、
とにかく、球場までの電車が激込みで、大変でしたー。

そんな満員電車・・
押し込まれた車内の中で、
偶然にも私たちの知り合いが隣に立っていました~。

彼女は、ご主人様と御一緒。

私たちを見て
えーーーー!ビックリーすぎ~~。
みんな御揃いで来てるんだー!?と。
えーえー、私たちは 旦那とはコンサートには行きませんのでねー(笑)

彼女も自由が丘から同じ電車に乗っていたということが判明~
なんだ~ずっと一緒だったんだね~。

b0141044_20443536.jpg
b0141044_20455900.jpg
いとしのエリーで、ノックアウトされてから、40年。
観客の年齢層も、高いです。

還暦を過ぎてもなおエネルギッシュに歌い上げ、
パフォーマンスを繰り広げる桑田さんに拍手です。
3時間半の熱唱、有難う。

最近お疲れモードの私たちには、良いカンフル剤でした。







# by poco_a_poco_2008 | 2019-05-17 20:42 | 音楽&コンサート | Comments(0)

EU離脱で、注目のイギリス!

昨秋のニューヨーク旅行では、 
地下鉄、uberを使い、自由に動き回り、効率良くいろんな場所に行けました。
英語も問題なかったし、かなり有意義な旅行でした。

結構やるじゃん、ワタシタチ!
って感じで、調子にのり
今度は、6月のロンドン旅行を計画しています。

最初にANA航空券と、ホテルを手配。
ホテルは、NYCと同様 とにかく地の利が良いスタンダードであればOKと
割り切っているので、今回も中心地のホテルを予約。

そして、Wifiの予約、空港とホテルの送迎ミニバンの予約
ウエストエンドで観るミュージカル、「レミゼ」のチケット予約などなど
春先から、みんなで手分けして
着々と準備を進めました。

ロンドンの有名な名所名跡では、事前のWeb予約が必要です。
現地の当日発売のチケットは、少し値段も高いし、
予約がないと、待ちの入場の列が長い可能性もある?
さらに、国会議事堂などは、事前予約がないと入場ができないので
大体のスケジュールを決めた上で、日時等も含めたvisit bookをいれました。
クレジット決済なので、あっという間に予約も完了です。

ウエストミンスター寺院、センポール大聖堂の予約も完了。
あとはロンドン塔などいくつか残すだけ。
現地に行ってから、入れてもいいかな~。

グループラインでは、お互いに連日、綿密に連絡を取りながら、
情報交換をして、地道に計画を立てました。
本当にみんなそれぞれによくやったよねーと、言えるくらいの頑張りで、
始まる前から、お疲れ様ですーって感じ。
準備は、いろいろ大変でしたが、
計画を練るのも、旅行のお楽しみです。

ロンドナーの最強のアイテム、city mapperのアプリもダウンロード完了。
現地でどんな風に使えるか、楽しみです。




# by poco_a_poco_2008 | 2019-05-14 11:06 | 旅行 | Comments(0)

令和初日

5月1日
新天皇が即位され、新しい元号がスタート。
記念すべき初日は、友人宅に集合して
ランチをしながら、来月の予定の打ち合わせ。
ちょうど、友人宅のキッチンリフォームも完了したので、見学会も兼ねて、お伺い。
キッチンが、スッキリ広々として、美しい。
素敵なキッチンで、ますます美味しいお料理が出来上がるって感じ。
主婦にとって、キッチンは、やはり一番大切です。
いつか我が家もリフォームしてみたいー。


# by poco_a_poco_2008 | 2019-05-01 23:23 | ひとりごと | Comments(0)

平成最後の日

いよいよ平成も今日で終わり。
朝から、キッチンのテレビで、皇室の番組を見ながら、
前日に買った食材で、何品かお料理を作る。
お昼は、新キャベツと挽き肉のスープ、コールスローサラダ&ハムとパン。
午後、家人が出かけたので、私は、ジムへ。
帰りに少し食材を買って、帰宅。
夕方から、料理をしながら、皇室の特別番組を見る。

陛下の御言葉を聞いて、また、あらためて感謝の気持ちがわいてくる。
災害も多く、辛く悲しい事もあったけれど
寄り添っていただけたこと、私たちは、忘れない。

夕食後、またNHKの番組を見て、これからの皇室のことなど
ツラツラと思う。

今までも、、そして今日も無事に過ごせる事に感謝したいと思う。
さようなら、平成。







# by poco_a_poco_2008 | 2019-04-30 23:20 | ひとりごと | Comments(0)

「KINGDOM」

平成の最後に見た映画となりました。
紀元前の群雄割拠の中国を舞台に、
夢に向かって走り続ける若者の勇姿、眩しいです。
音楽も良かったし🎵
続編あればいいなー。


# by poco_a_poco_2008 | 2019-04-29 23:59 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

「翔んで埼玉」「えいがのおそ松さん」「名探偵コナン紺青の拳」

翔んで埼玉~
二階堂ふみの役者魂を感じるわ~。
西郷どんんでしっかり泣かせていただいた女優さんのアッパレな映画。

えいがのおそ松さん
楽しいけれど、ちょっと切ない映画かも。

コナン
期待を裏切らない内容で、面白かった~。
シンガポールの街の風景も、夜景も素敵。

# by poco_a_poco_2008 | 2019-04-19 11:45 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

倉敷の美味しいもの

三宅商店のストロベリーパフェ
b0141044_11180475.jpg
果物小町パーラーのパフェ
b0141044_11183672.jpg
豆餅入りの芋ぜんざい
b0141044_11190594.jpg
つね家のお食事
b0141044_11194477.jpg
b0141044_11201108.jpg
b0141044_11203277.jpg
b0141044_11205708.jpg
b0141044_11212184.jpg
b0141044_11215307.jpg
b0141044_11221384.jpg
鶴形の鯛茶付け
b0141044_11225006.jpg
有隣庵のしあわせプリン
b0141044_11343207.jpg
グランヴィア岡山オリビエのパフェ
b0141044_11240315.jpg

# by poco_a_poco_2008 | 2019-04-18 12:17 | 旅行 | Comments(0)

倉敷

3月、春の陽気に誘われて倉敷へ。

岡山往復の新幹線と、倉敷ー児島の周遊2DAYS切符を持っての弾丸ツアーとなりました。

お天気にも恵まれて、JR、バス、タクシーと乗り回し、さらにたくさん歩いた旅でしたが
美味しいものもたくさんいただけて、平成の最後の良い思い出になりました。


初日
新横浜発8時49分「のぞみ」に乗車。岡山着11時50分着。
ホテルは駅直結のグランヴィア岡山なので、荷物をあずけてすぐJRで倉敷へ。

駅から10分歩くと美観地区です。素敵なお店がたくさんで、街歩きの楽しさが倍増です。
たくさんの観光客で賑わってましたが、外人が多くてビックリ。

ランチは、三宅商店で有名なカレーを食べます。30分は並びました。
野菜カレーが美味!初の人力車に乗ったり、大原美術館を見学したりと、あちこち。

大原美術館では、
エルグレコの受胎告知、棟方志功の二菩薩釈迦十大弟子版画柵、芹沢ケイスケの作品など、
貴重なものを鑑賞させていただきました~。
夜は、つね家で、地元のお魚料理を使ったお料理を楽しみました。

ライトアップされた倉敷の町並みは、幻想的で綺麗です。
夜、岡山に戻りおやすみなさい。

翌日

ホテルの朝食バイキングをサクサクとすませ、タクシーで岡山後楽園へ。

開門時間と同じくらいの時間に入場したので、観光客は、いませ~ん。
静でいい感じです。
遠目に観る岡山城も綺麗です。
後楽園から月見橋を渡り、岡山城へ。


こちらも開門までちょっと待ちましたが天守閣は独り占めです~。
春ののどかな空気を感じました。

その後、タクシーで岡山駅にもどり、高松行きの快速マリンライナーに乗車して
ジーンズの町、児島へ。
ホームから瀬戸内海が見えます。
ジーンズストリートは、おしゃれなお店が、軒を連ねています。


買い物をしてからまた倉敷へ。復路は、下電バスに乗り、約50分です。

倉敷で遅めのランチは、鶴形で鯛茶付け丼をいただきます。
ごまダレが、鯛の切り身によくからみ、絶品です。

午後は、大原家のご本宅を見学です。
大原家の知の財産とも言うべき書庫も見学できます。
すべての分野において網羅された蔵書の数々を見ると
教養の深い科学者、芸術家、文化人、そして経済人であったことが理解できます。

ご当主が、昨年までお住まいだった家屋は、質素で簡潔な造りです。
お茶室のあるお庭も 古き良き時代の趣のある空間でした。


三宅商店



b0141044_09154395.jpg
美観地区
b0141044_09162385.jpg
大原美術館
b0141044_09170914.jpg
つね家
b0141044_09191977.jpg
アップライトされた美観地区
b0141044_09205798.jpg
                  後楽園入り口

こう
b0141044_09213772.jpg
後楽園から見える岡山城天守閣
        
b0141044_09222022.jpg
岡山城から見える後楽園
b0141044_09230390.jpg
児島町のジーンズストリート
b0141044_09234124.jpg
大原本宅前
b0141044_09243094.jpg
大原宅庭園
b0141044_09251633.jpg

# by poco_a_poco_2008 | 2019-04-18 11:50 | 旅行 | Comments(0)

4月



             新年度がスタートし、
           新しい元号は、令和と発表がありました。
             いよいよ5月からですね~。

            今年の桜は、長く楽しめました。
     昨日、近所の川沿いの桜並木で、お花見しました。
           暖かくて、お花見日よりでした。
b0141044_13523484.jpg

b0141044_13534027.jpg


今月からお嫁ちゃんは、復職し、
下の孫も保育園へ入園しました。
一週間は、慣らし保育で、お迎え時間が早くて
私がお迎えに行くことになり
多忙な4月の幕開けです。


そして、春はお引越しシーズン。
知り合いのイギリス人も住みなれたお住まいから、本日お引越し。
日本語ができないので、周りの人々のサポートを受けながらのセットアップ。
私も今までいろいろ、雑用のお手伝いを、頼まれてきましたが
今回は、新居のカーテンの縫い縫い・・・。
b0141044_13584509.jpg

今週末までに、頑張らないと~。






# by poco_a_poco_2008 | 2019-04-07 23:50 | ひとりごと | Comments(0)

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

16世紀、スコットランドの女王メアリーと、イングランドの女王エリザベス。
お互いに最高の教養と知性を兼ね備えて、
女性君主として国を治める立場であったけれど、対照的な人生を送る。

血縁でありながらも、イングランドの王位継承を巡り争う二人。
陰謀渦巻く男性社会の宮廷のなかで、
女性君主として生きる二人は、
互いに恐れを抱きながらも、どこかで共鳴し合う部分もある。
でも、メアリーの運命は過酷で、謀叛の疑いで捕らえられ
長い年月の幽閉の果て、エリザベスによって処刑される。

その後、独身であったエリザベスの血筋は絶え、
メアリーの遺児、ジェームス一世が、スコットランドの王位を継ぎ、
かつエリザベスの死後、後継者としてイングランドの王位も継ぐことに。
以降、メアリーの直系子孫が累々と王位を繋げていく。

今、メアリーとエリザベスは、
ウエストミンスター寺院の、ヘンリー7世貴婦人の礼拝堂の地下墓所に
眠っているそうな。
存命中は、対面する機会は無かった二人が(映画では、びっくりのご対面シーンあり)
墓所でお向かいさんになるなんて。

メアリーの息子、ジェームスが、エリザベスの死後、
母親のメアリースチュアートの棺をピーターバラ大聖堂から
エリザベスの眠る同じ場所に移したとのこと。

彼に、母親への敬慕の念が残っていたならば、
幼い頃に生き別れた母親を思う思慕の情なのかしら?

成人したジェームスは、幽閉の身の母親を
見捨てたという史料を読んだ事もあるけれど、
もし事実であれば、
母親が固執したイングランドの土地に眠らせることが、
彼なりの謝罪の念のなのかー、
運命に翻弄された親子の情は、謎ですね。


当時の貴族たちの生活を想像させる映像は、
冷たそうな石造りの城を取り巻く陰鬱とした暗い空気に満ち
荒涼としたスコットランドの大地は、寒々しい。
宮廷は、陰謀、裏切り、暗殺の繰り返し、
さらに、宗教改革の闘争で、生々しくドロドロです~。

でも、怖いもの見たさで見てしまうー。


# by poco_a_poco_2008 | 2019-03-23 23:50 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

「ライオンキング」劇団四季

b0141044_21390972.jpg
大井町の四季劇場へ、ライオンキングを観にお出かけ♪
子供たちもたくさん観に来ていて、とっても楽しそう。
こういう舞台を身近に観る機会を持てるのは、いいですね。
もちろん、ダンスも歌も、素晴らしい。衣装も鮮やかな彩りで素敵ですー。
躍動感に溢れていて、楽しいミュージカルでした。また、行きたくなる舞台です。

# by poco_a_poco_2008 | 2019-03-17 22:36 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

気ままに綴るあれこれ日記


by poco_a_poco_2008
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る