人気ブログランキング |

<   2019年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」

16世紀、スコットランドの女王メアリーと、イングランドの女王エリザベス。
お互いに最高の教養と知性を兼ね備えて、
女性君主として国を治める立場であったけれど、対照的な人生を送る。

血縁でありながらも、イングランドの王位継承を巡り争う二人。
陰謀渦巻く男性社会の宮廷のなかで、
女性君主として生きる二人は、
互いに恐れを抱きながらも、どこかで共鳴し合う部分もある。
でも、メアリーの運命は過酷で、謀叛の疑いで捕らえられ
長い年月の幽閉の果て、エリザベスによって処刑される。

その後、独身であったエリザベスの血筋は絶え、
メアリーの遺児、ジェームス一世が、スコットランドの王位を継ぎ、
かつエリザベスの死後、後継者としてイングランドの王位も継ぐことに。
以降、メアリーの直系子孫が累々と王位を繋げていく。

今、メアリーとエリザベスは、
ウエストミンスター寺院の、ヘンリー7世貴婦人の礼拝堂の地下墓所に
眠っているそうな。
存命中は、対面する機会は無かった二人が(映画では、びっくりのご対面シーンあり)
墓所でお向かいさんになるなんて。

メアリーの息子、ジェームスが、エリザベスの死後、
母親のメアリースチュアートの棺をピーターバラ大聖堂から
エリザベスの眠る同じ場所に移したとのこと。

彼に、母親への敬慕の念が残っていたならば、
幼い頃に生き別れた母親を思う思慕の情なのかしら?

成人したジェームスは、幽閉の身の母親を
見捨てたという史料を読んだ事もあるけれど、
もし事実であれば、
母親が固執したイングランドの土地に眠らせることが、
彼なりの謝罪の念のなのかー、
運命に翻弄された親子の情は、謎ですね。


当時の貴族たちの生活を想像させる映像は、
冷たそうな石造りの城を取り巻く陰鬱とした暗い空気に満ち
荒涼としたスコットランドの大地は、寒々しい。
宮廷は、陰謀、裏切り、暗殺の繰り返し、
さらに、宗教改革の闘争で、生々しくドロドロです~。

でも、怖いもの見たさで見てしまうー。


by poco_a_poco_2008 | 2019-03-23 23:50 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

「ライオンキング」劇団四季

b0141044_21390972.jpg
大井町の四季劇場へ、ライオンキングを観にお出かけ♪
子供たちもたくさん観に来ていて、とっても楽しそう。
こういう舞台を身近に観る機会を持てるのは、いいですね。
もちろん、ダンスも歌も、素晴らしい。衣装も鮮やかな彩りで素敵ですー。
躍動感に溢れていて、楽しいミュージカルでした。また、行きたくなる舞台です。

by poco_a_poco_2008 | 2019-03-17 22:36 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

「夫の墓には入りません」柿谷美雨

突然の夫の死によって、嫁の立場から開放されたと思ったのもつかの間。
夫の家族からは、ますます頼られる存在となってしまった「嫁」
どうでもいいような夫でも、実は婚家から守ってくれる防波堤だったのよね。
お人よしで、心優しい主人公が、最後にたどりつく心境を思うとき
読者も、清清しい気持ちになれるかも。



by poco_a_poco_2008 | 2019-03-14 22:32 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

「マスカレード・ホテル」映画

ハチャトリアンの「仮面舞踏会」が流れて 
素敵なホテルのフロントの風景が出てきて
高揚感アップします。
キムタクにぴったりの役で、相方の長澤まさみとのコンビもよかった。
構成の関係か 多少挿話が前後しているけれど、原作にほぼ忠実。
エンドロールに明石やさんまの名前があったけれど、気がつかなかった!
残念~。
結構、豪華な配役で、観ていても楽しいけれど、なかなか怖い連続殺人事件のお話。
ツールが発達して、アリバイも工作できる世の中だから
整いすぎるアリバイは、怪しい。。。かも。凡人の感想。


by poco_a_poco_2008 | 2019-03-09 23:21 | 映画&観劇&本 | Comments(0)

ユーミン武道館コンサート

b0141044_09235113.jpg
雨の中、九段下の日本武道館でのユーミンコンサートへ♪
デビューして、もう45年にもなるんだわねー。
昔、ぎんざNOWというテレビ番組で、ユーミンが、ルージュの伝言を歌っていたのを見て、
彼のママに会いに行くって、インパクトのある歌詞がとっても印象的だったし、
タダモノではないオーラが・・・。

2004年の逗子マリーナ最後のライブを見て以来、15年ぶりのユーミン。
これからも、まだまだ頑張りますーと、頼もしいお言葉。ありがとう。
とっても素敵で、素晴らしい演出のコンサートでした。行って良かった♪

by poco_a_poco_2008 | 2019-03-08 23:22 | 音楽&コンサート | Comments(0)

気ままに綴るあれこれ日記


by poco_a_poco_2008
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る